グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

残留争い2019 第29節終了時点

厳しい展開

非常に大事な6ポイントマッチ仙台戦を落としてしまいました。仙台は11位にジャンプアップ。名古屋は16位に勝ち点2差。かなり厳しい状況です。現時点のペースでいくと、名古屋の最終勝ち点は35、松本に追いつかれる可能性もあり、自動降格もあり得ます。

  • 勢いが低いのが我らがグランパスと湘南ベルマーレ。5戦で勝ち点2しか挙げることができていません。松本山雅FCに抜かれる可能性が出てきました。
    • 湘南は残りの対戦相手も決して楽ではありません
  • 鳥栖の勢いがスゴイ。5戦勝ち点8で、このまま上にあがっていきそうです。
  • 浦和の対戦相手の順位がスゴイ。5戦中4試合がACL争い以上です。
  • なにげに優勝争いの3チームと残留争いチームの試合が多いので、残留争いチーム相手に取りこぼしがあるかどうかが、残留争いにも影響がでそうです。

今僕たちにできること

幸いにして、今現在まだ絶望的ではありません。あと1勝できるだけで状況はまったく変わってきます。

Twitterでは、まるで残留が絶望的であるかのように荒れた投稿が散見されました。でもまだなにも終わっていません。

僕らができることは応援しかないです。

最後の最後まで、1人でも多くの人が応援してくれると嬉しいです。

泣くのは、本当に悪い結果が決定してからでいい。

怒るのは、最後の結果が出てからでも遅くないです。

2019年のグランパスは、反省するべきことはいくらでもあると思います。それはシーズン終了後に語り合いましょう。

今は、応援を。精一杯の応援を。

よろしければシェアしてください
  •  
  • 16
  •  
  •  
  •  
  •  
    16
    Shares

ads

About The Author

グラぽ編集長
大手コンピューターメーカーの人事部で人財育成に携わり、スピンアウト後は動態解析などの測定技術系やWebサイト構築などを主として担当する。またかつての縁で通信会社やWebメディアなどで講師として登壇することもあり。
名古屋グランパスとはJリーグ開幕前のナビスコカップからの縁。サッカーは地元市民リーグ、フットサルは地元チームで25年ほどプレーをしている。

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE