グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

天皇杯JFA第102回全日本サッカー選手権大会ラウンド16 セレッソ大阪戦マッチプレビュー #grampus #cerezo

はじめに

本日は天皇杯のラウンド16、名古屋グランパスはベスト8入りを目指してセレッソ大阪と戦います。

セレッソ大阪はJ1リーグでも調子が良く、昨シーズンのJ1リーグ優勝チームの川崎をダブルするなど波に乗っています。

対して名古屋グランパスは負傷者が多く、新型コロナウィルス感染症陽性者も出ており、起用できない選手が多い状況です。長谷川監督も「アウェイですし、非常に厳しい試合になると思いますが、みんなで力を合わせて、勝ってベスト8に進めるように闘っていきたいと思っています」と前日監督会見でコメントしていますが、苦しい状況が伺えます。

この試合をプレビューします。

両チームの予想布陣

両チームの負傷者の情報等を踏まえて先発を予想しました。

セレッソ大阪・名古屋グランパスの予想スターティングメンバー
セレッソ大阪・名古屋グランパスの予想スターティングメンバー

①セレッソ大阪

セレッソ大阪は4-4-2と予想します。中2日で大阪ダービーが控えているため、主力選手は何名か温存しつつ戦うと思われます。

  • GK:キムジンヒョンと予想します。
  • DF:ヨニッチと西尾のCBコンビ、右SBに松田陸、左SBに山中と予想します。
  • MF:奥埜、鈴木のDHコンビ、右SHに毎熊、左SHにパトリッキと予想します。
  • FW:加藤と上門の2トップと予想します。

②名古屋グランパス

名古屋は3-1-4-2の布陣と予想します。前日の監督会見で「本当にカツカツな感じなので、2種登録の選手も使いながら」とコメントしていることから、2種登録の何名かはベンチ入りするでしょう。

  • GK:ランゲラックと予想。
  • DF:CBは中谷、藤井、河面と予想。チアゴが契約の関係で出場不可の為、控えCBは吉田晃1名になるでしょうか。
  • MF:アンカーに宮原、右CHに稲垣、左CHに仙頭、左WBに相馬、右WBに森下と予想します。吉田豊はJ1リーグの川崎戦で出場停止の為、WBのどちらかで交代起用すると予想します。
  • FW:先発出場はカストロと柿谷のコンビと予想。今回も貴田のベンチ入りはあるかもしれません。

名古屋グランパスの勝ち筋

①セットプレーの守備は大事に

名古屋の失点パターンの30%超がセットプレーからの失点です。

対するセレッソ大阪はショートカウンターも強力ですが、セットプレーにおいても高精度のパスを供給する清武、原川などがおり、直近の試合でもFKからヘディングで川崎相手に決勝点を決めたパトリッキなど、決定力の高い選手が揃っています。

名古屋としては失点のリスクを抑えるため、まず被セットプレーを出来るだけ少なくする必要があります。リスクマネジメントとして自陣ゴール付近でのファウル、CKをどれだけ抑えられるか、要注目です。

②両サイドからのクロス、セットプレーで得点を狙う

空中戦勝率も低くないセレッソ大阪のCBコンビですが、失点パターンの30%超がクロスからの失点、更に付け加えるとセットプレーからの失点も30%近くあります。

名古屋の長所であるファストブレイクからのクロス、シュートブロックされてもCKを獲得できれば得点の機会は広がります。

複数得点は期待できないかもしれませんが、守備で粘って決勝点をあげることを期待したいですね。

おわりに

一発勝負のトーナメント戦ではありますが、土曜日のJ1リーグ戦につながる勝利を期待したいところです。良い試合になりますように。

よろしければシェアしてください

ads

About The Author

ダンコバ
愛知県春日井市出身、静岡県浜松市在住のアラフォー会社員。 職場ではジュビロ磐田、清水エスパルス、FC岐阜のサポーターに囲まれつつ、名古屋グランパスのサポーターをしています。 他の趣味は自転車、トライアスロン、ゴルフ。
Follow :

Leave A Reply

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE