グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

「自由」の前半と「規律」の後半 2023年JリーグYBCルヴァンカップグループステージ第4節 横浜FC戦マッチレビュー #grampus #yokohamafc

プライムステージへの進出と共に「紡いだ結果」が目に見える形になりました。

若手への期待というよりは夏に向けてのサバイバルレースの要素が強くなってきたルヴァンカップ。

見えた課題と共に振り返っていきましょう。

試合情報

横浜FC・名古屋グランパスのスターティングメンバー・ベンチ
横浜FC・名古屋グランパスのスターティングメンバー・ベンチ

守備の噛み合わせ

試合直後から気になったのは頑張る前線のプレスのハマらなさ。開幕の横浜FC戦で見せた4バックに対してのプレスの噛み合わせの悪さは改善されず、貴田が頑張って最終ラインにプレスをかけ、ターレスが連動し酒井がコース限定をするもそもそも数的な問題が解決されずに横浜の最終ラインにボールを持たれる状況になった。右では甲田が連動して詰めるような形も見せるが、横浜は釣り出しを待って長いボールをスペースへ送る。

左は山下の対応と長澤のプレス連動のリスク管理の為に河面は最終ラインに吸収される事に。

噛み合わないプレス
噛み合わないプレス

酒井やターレスが横浜のボランチを見張る素振りを見せたが、やる気全開の貴田にはそのメッセ―ジも届かず。長澤が気合で連動とプレスバックを頑張る事と最終ラインの3人が前後のスペースをチャレンジする事で乗り切る形へ。ターレス、酒井のプレスバックの速さにも助けられ、サイドに長澤や吉田が流れても中央の守備に穴が開く事は無かった。

ボールの回しかた

攻撃ではサイドが絞っている事が多い状況が影響したのか、ボールを握っている展開で頑なにワイドに付けないような時間が続く。我慢の限界に来た長澤が大外に流れてボールを受けるような展開もあったが、中央を絞っている横浜に対して外に人を配置している展開で、外を使って相手の陣形を揺さぶらない。という選択肢を取る意図が個人的には分かりにくかった。

端から流れてくるボールを必ず両脇のセンターバックで止めてしまって順送りでサイドにつけずに、逆を取るようなボール回しが目立ち、その逆行したボールの動かし方の次の選択肢が高確率で中央の狭い場所、まだ選手の降りてきていない所に楔を打つような選択肢が多く見られた。

外を使わない展開
外を使わない展開

横浜は吉田を基準に守備の形を中央でかなり絞った形で構えていたので、大外を見せない時間では厳しい時間が続いた。

前半で大外に付けずに成功した場面は吉田に3人付いてることで自分がフリーになれる丸山から見える太い楔のレーンを使った河面の攻撃参加でのPK獲得が印象的。

大外を使った攻撃では甲田から長澤への「相手を広げて外から中へのボールを通した」場面がハイライト。

Embed from Getty Images

後半の修正

後半からは和泉と山田を投入して明らかに「外をもっと使いなさい」という指示が出る。ターレスが大外の追い越しを試みたり最終ラインから対角へのパスが出始める中で貴田の2点目の直前でターレスが前進できる形が見えた。これが貴田の2点目の伏線となった。

大外に選手を立たせてその場所へボールの配球を見せたことで横浜は選手間の距離が広がる。

それにより縦の楔や最終ラインの選手の持ち上がりが容易に出来るようになり、ボールを受ける選手が「駆け引きしながら受ける事が出来るスペース」が生まれた。

外を使う展開
外を使う展開

外に選手が立つことで横浜は構えていた形が崩れ、中央の密集の作り方が変わり密集の外で受ける選手もプレッシャーが少ない状態でボールを扱えるように。これも「対角の外側への長いボール」が増えるきっかけとなった。

前半からの完璧な修正だった。と言いたいところだが、外にボールが入ることで横浜は徐々に外へのプレスを強める。その結果、長澤や山田がサイドへ釣られるような展開が増えた。釣られた状態から中へ進行される崩され方が後半から増えたのも事実。

試合雑感

  • ユーリ・ララのシュートのシーン。武田が止めたものの、守備のチェック係はターレスと貴田。あのチェックが出来るようになればリーグ戦でも出番有
  • 前半はあまりにも「普段チームで決めている決め事」がない状態が続き皆が好き勝手にボールを動かし、ボールを扱う責任を追う事を嫌がるようなボールの渡し方が目立った。それ込みで前半は「自由」を与えて後半に「規律」で修正するプランだったのであれば健太さんがあっぱれ。
  • ターレスは守備での頑張りがリーグ戦での起用にもつながってるような感触がある。酒井とターレスの守備貢献に感謝。
  • 長澤は前半の苦悩、後半のハードワークと今日も一番大変な役回り。お勤めご苦労様です。
  • 川崎戦から気になるのは構えた時のFPのボールの見送り方。お疲れなのか、責任の部分の受けわたしなのか?

Embed from Getty Images

さいごに

湘南戦の午前中にはU18が大津高校とリーグ戦を行ないます。午前も午後も気持ちよく勝って良い週末にできればいいですね。

Embed from Getty Images

ads

Leave A Reply

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE