グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

[日本代表] 永井謙佑選手は背番号11、川又堅碁選手は20

2015年3月25日、日本サッカー協会より2015年3月27日にキリンチャレンジカップ2015のチュニジア戦(大銀ドーム)、同31日にJALチャレンジカップのウズベキスタン戦(味スタ)に臨む、サッカー日本代表の背番号が発表されています。

http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20150325/295143.html

注目の永井謙佑選手はまさかの背番号11!川又堅碁選手は20が与えられています。
これを機会に代表ユニフォームを購入しようとする人はアディダスの直営店か加茂で購入すると早いようですよ。

さて、実際出場機会は得られるのでしょうか。

実は今日大迫選手が足首の怪我を再発(離脱はしない見込み)、乾選手が体調不良とのことで、彼ら2人は出場するとすると途中出場か、ウズベキスタン戦ということになりそうです。

現在残っているFW陣はCF枠では興梠選手が既に離脱しているので岡崎選手、川又選手、左ウィングに乾選手と武藤選手、宇佐美選手、右ウィングに本田選手、永井選手という構成になっています。たとえば裏を狙うことを想定したら永井謙佑選手を1トップに、左に武藤選手、右に岡崎選手の布陣のような構成でもフィットしそうです。ハリルホジッチ監督が本来のポジションとは別の布陣を許容するかどうかはわかりませんが、離脱した選手のバランスを考えるとこのような形もあるかもしれません。

出場機会がありそうなのはチュニジア戦なのでは、と思っています。期待したいですね。

ads

About The Author

グラぽ編集長
大手コンピューターメーカーの人事部で人財育成に携わり、スピンアウト後は動態解析などの測定技術系やWebサイト構築などを主として担当する。またかつての縁で通信会社やWebメディアなどで講師として登壇することもあり。
名古屋グランパスとはJリーグ開幕前のナビスコカップからの縁。サッカーは地元市民リーグ、フットサルは地元チームで25年ほどプレーをしている。

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)