グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

永井謙佑選手、川又堅碁選手、代表で先発もノーゴール

永井謙佑選手、川又堅碁選手、代表で先発もノーゴール、タイトルのママですが、少し見せ場のあった川又堅碁選手に比べて、永井謙佑選手は少し考えすぎてしまったのでしょうか。普段の思い切りが出ていませんでした。

おそらく代表のサッカーには多くの決まり事があると思いますので、そちらが気になって思い切ったプレーができなかったということなのではないかと思います。

川又堅碁選手は結果は出ませんでしたが、持ち味はしっかり出せたのではないかと思います。
交代直前の決定機は惜しかったですね。もう少しクロスが多いと、活きたのかもしれません。

悔しさは万博の最終戦で晴らしていただきましょう。

ads

About The Author

グラぽ編集長
大手コンピューターメーカーの人事部で人財育成に携わり、スピンアウト後は動態解析などの測定技術系やWebサイト構築などを主として担当する。またかつての縁で通信会社やWebメディアなどで講師として登壇することもあり。
名古屋グランパスとはJリーグ開幕前のナビスコカップからの縁。サッカーは地元市民リーグ、フットサルは地元チームで25年ほどプレーをしている。

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)