グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

[コラム] 情報不足と疑心暗鬼

なんだかみんな結局情報不足すぎて、不安ですよね。

せめて、
「みんな不安にさせてゴメン。オレが全部責任取るから、力不足なオレをみんなで支えてくれ」とかオグが言ってくれれば、みんな頑張って支えると思うのです。

情報不足は、蚊帳の外感を出してしまいます。
情報はすべて揃わなくてもいいです。もちろん駆け引き上、言ってはいけないこともあるでしょう。たとえば、浅野哲也さんのことだって、浅野哲也さんと交渉してるよ、なんて新聞にリークしなくても、経験あるコーチの人と交渉しているよ、って言ってくれれば安心できる。リークなんてしたら、それでダメになるかもしれない。

情報は大事です。
レアンドロ・ドミンゲスの怪我の件もそうです。新潟のレオ・シルバの怪我の報道に比べて、みんなレアンドロ・ドミンゲスがどうなってるのか気になっても情報を知りようがない。そうすると疑心暗鬼になる。それだけは避けなければならないと思います。

サポーターは優秀な固定客です。新規の客も大事ですが、固定客を安心させ、忠誠心を下げてしまうようなことだけはしないようにしていただきたいと思います。こういうことがPR(Publc Relations)の大事なお仕事だと思います。

ads

About The Author

グラぽ編集長
大手コンピューターメーカーの人事部で人財育成に携わり、スピンアウト後は動態解析などの測定技術系やWebサイト構築などを主として担当する。またかつての縁で通信会社やWebメディアなどで講師として登壇することもあり。
名古屋グランパスとはJリーグ開幕前のナビスコカップからの縁。サッカーは地元市民リーグ、フットサルは地元チームで25年ほどプレーをしている。

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)