グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

浦和戦雑感

August 16, 2016

広島戦、浦和戦と、3-6-1であるチームとの2連戦が終わりました。残念ながら結果は0-2、0-2の連敗でしたが、浦和戦からは少し見えてきたものがあるので、それを書いておきたいと思います。

広島戦は残念ながらテレビでの確認でしたが、浦和戦は豊田スタジアムのカテゴリー4バックで、とても見やすく見ることができました。

開始時の名古屋の布陣

開始時の名古屋の布陣

開始時の名古屋の布陣は上記のようなものでした。

守備の際にはサイドバックまで下がって5-2ブロックで守ります。「こうやったら、こう守る」という約束事については、最低限、どのスペースを埋めていこう、というレベルでは間違いなく履行されていたと感じました。何も守備戦術がない!というようには感じていません。

ですが、なんで失点してしまうか、と言えば、上の図でもわかるように安田と大武峻、矢野と酒井の間がかなり空いていて、特に安田と大武峻の間を武藤雄樹と関根にいいように使われていたことが挙げられると思います。戦術としては中を固めて外はある程度好きにさせる、というのはアリだと思うんですが、肝心の大武峻のところでミスが頻発したことと、大武峻と安田の息が合いません。1失点目は大武峻が武藤雄樹が裏にマークを外していることに気づかず、安田が後追いするもほぼフリーでシュートを決められてしまっています。

その前から武藤雄樹と関根にはかなりやられていたわけで、そこで二人の間でコミュニケーションを取って対策をしていかなければならないと思います。どうカバーするのか、どう受け渡すのか。プロですから我々素人の1000倍はスキルフルなはずなのですが、スキルがあればどうにかできるかというと、どうにもならないのが今のプロサッカーです。弱点を見せたら、すぐにそこを突かれてしまいました。

2失点目は、西川周作からのロングボール一本を収めたズラタンの技ありループシュートを決められました。その前から長いボールで酒井-竹内のところを狙っていましたが、案外失敗ばかりで、「1-0でもいいとペトロビッチは思っているのかな?」なんて思っていました。しかし甲府の佐久間監督にも言われていたように、いつか決壊するから、と思って続けられていたんでしょうね。ハイボールにあまり強くないセンターバック2枚のところを突かれて、2失点目になってしまいました。かえすがえすも惜しい失点でした。

攻撃に関しては、改善が見られたと思います。

攻撃時は意識的に、安田と矢野が上がって、前の3枚が完全に孤立しないように心がけていたのが印象的です。また、田口泰士が帰ってきたことで、まず前線でボールが奪うことができる。またボールが収まりやすくなった。これまでボールが前線に収まることのほうが珍しく、それが故にグランパスがボールを保持する時間が極端に少なくなってしまっていました。田口泰士の復帰は大きいと感じました。

気になったのは図では田口は右寄りに配置されていますが、実際には少し左寄りにポジションを取ることが多く、短いパスで左につなぐプレーが多くなっていました。この日は守備で消耗していた安田理大のクロスは、まったくダメな日で、せっかくつないだボールが直接ラインを割ることが多かったのが残念です。また、右に対してはサイドチェンジで矢野貴章にたまに出すくらい。名古屋の強みでもある右サイドがいまいち使えていなかったことも印象的です。

後半に見えたシフトチェンジ

後半の布陣

後半の布陣

後半に入り、おや?酒井隆介が随分と右に張っているぞ?と感じました。

守備のときにはイ・スンヒがセンターバックに下がり、酒井隆介が張り出して4バックにサイドは矢野と安田が高めのポジションを取って、サイドの守備を固めるのと同時にブロックを作りやすくします。

最初は一緒にみていた友人と、酒井が開いたことへのカバーリングかな?とも思いましたが、今日の中日スポーツ/Grampus Watcherの記事を見ていると、ちゃんと狙ったものだったようですね。そういえばピクシーの時代にも、ダニルソンや中村直志が3バックのカバーに入ることが結構ありました。

この狙いは3トップ気味+攻撃時は5トップ気味になる浦和や広島に対応する上では単純な5バックよりも「立体的に」守れる分、リーズナブルだったと思います。実際前半よりも後半は、名古屋に多くのチャンスがありました。4バックのほうがリズムが出ていた感じがします。

実は名古屋、上位でまだ対戦が終わっていないチームというのはほとんどありません。川崎、鹿島、浦和、そして苦手な広島とのゲームがもう終わっています。これから先に相対するチームは、浦和ほどピーキーな攻撃をしかけてくるチームはありません。そうなると、後ろに比重を置く5バックが機能しなくなる可能性が高いです。

後半の立て直しからも、個人的には4バックに戻しても良いのでは?と感じました。

次こそ勝ちたいですね・・・・

ads

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)