グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

2020年ルヴァンカップグループステージ第1節 鹿島戦プレビュー

この試合の見どころ

  1. ボールを奪う位置
  2. 阿部浩之のプレー位置
  3. サイドバックの守備

先発予想

  • 離脱中:太田宏介、宮原和也、ジョー、石田凌太郎、長谷川アーリアジャスール
  • まもなく復帰:山﨑凌吾

キャンプ中の練習試合から、丸山祐市・中谷進之介・米本拓司・稲垣祥・阿部浩之の5人は固定でした。おそらくこの試合も関係を熟成させるためにこの5人は固定でしょう。

ポイント1:FWは?

山﨑凌吾は今週になって全体練習に復帰しましたが、おそらく無理はさせないはず。そうなると前田直輝の1トップということになるはずです。

ポイント2:サイドのMFは?

前田直輝が1トップにいくとなると、サイドMFの候補はマテウス、相馬勇紀、シャビエルらが候補になるかと思われます。今回は好調が伝えられるマテウス、相馬勇紀の2人で最初はいくのではないでしょうか。

ポイント3:サイドバックは?

吉田豊が復帰している。信頼度の厚さから、少し無理をさせてでも吉田豊を起用するのではないか、と考えます。右サイドバックはキャンプ中の練習試合からずっと務めている成瀬竣平になるのではないでしょうか。

観戦時に見て欲しいポイント

鹿島アントラーズも大きくサッカーを変えてきていますが、名古屋グランパスも大きくサッカーを変えました。昨年のグランパスともちょっと違う感じになりつつあります。ポイントを3つ挙げます。

ボールを奪う位置

キャンプ中の練習試合では、前線からの守備でボールを奪い、ショートカウンターを狙う姿勢が見えていました。サイドMFの先発に相馬勇紀を挙げているのはその守備からの判断です。攻撃面ではシャビエルのほうが総合力は優れていると思われます。しかし、シャビエルは守備はあまり得意ではありません。

とはいえ、相馬勇紀1人で守備が成り立つわけもなく、前線でボールを奪うことができなければ米本拓司稲垣祥の2人に奪回を祈ることになります。米本拓司稲垣祥の2人でボールを奪うことが多かったら、狙い通りではない、ということです。

阿部浩之のプレー位置

キャンプ中から実際にプレーをみた方々から阿部浩之のタスクの多さを心配する声が挙がっていました。中盤の守備から攻撃の組み立て、ラストパスまでを1人でこなしているという状況です。本来、ゴールの近くで相手を脅かすことが強みの選手に、守備や組み立てを依存する状態になっていないかどうか。もしそうなっていたら、周囲の力不足ということになります。

サイドバックの守備

吉田豊の状態がどこまでかはわかりませんが、成瀬竣平は鹿島アントラーズのファン・アラーノと対面することになります。成瀬竣平が決壊してしまうと、そこから全てがくずれてしまう可能性があります。成瀬竣平にはかなり厳しく守備をたたき込まれているようですが、彼がどこまで戦えるのか、吉田豊がどこまで戻っているのか、もし秋山陽介だったら彼もどこまで和泉竜司を止めることができるのか、このあたりに注目して試合を見てくれると幸いです。

よい試合になりますように!

powered by TACTICALista https://beta.tacticalista.com/

よろしければシェアしてください
  •  
  • 11
  •  
  •  
  •  
  •  
    11
    Shares

ads

About The Author

グラぽ編集長
大手コンピューターメーカーの人事部で人財育成に携わり、スピンアウト後は動態解析などの測定技術系やWebサイト構築などを主として担当する。またかつての縁で通信会社やWebメディアなどで講師として登壇することもあり。
名古屋グランパスとはJリーグ開幕前のナビスコカップからの縁。サッカーは地元市民リーグ、フットサルは地元チームで25年ほどプレーをしている。

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE