グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

2020年J1リーグ第26節 サガン鳥栖戦マッチレビュー #grampus #sagantosu

試合開始直後のアクシデントからボールの収まる場所が無くなった名古屋。鳥栖の前がかりな姿勢に噛み合わせて1点取りに行こうとしたものの、鳥栖の最後の砦に得点を阻まれた。

中2日&茨城から佐賀という長距離移動の泣く子も黙る地獄のスケジュールは勝ち点4で終えた。

スタメン&配置

試合開始直後、山崎が負傷交代で相馬が入り、前田が前列へ。基本的には4231でセット。ゲームプランが崩れたことで臨機応変に配置を変えながら始めはカウンターを、徐々にボール保持を狙った。一方で鳥栖は中央に原川、梁を置いた442。中央二枚にボール保持が得意な選手を置くシステム。

両チームのスターティングメンバー

鳥栖の枠組み

名古屋を攻略するときの鉄板パターンである“横を広げて隙間に人を配置”を敢行。

梁と原川を適宜センターバックの間に落として阿部と前田のプレスに枚数有利を取る。

サイドバックが名古屋のサイドハーフ(マテウス、相馬)の前に立ち横幅を取る。樋口・小屋松・石井で、稲垣・シミッチに対して数的有利を取りながらボールを引き出す。

鳥栖のはめ込み方

名古屋の選手がボールを動かしているときに食いつかなければ豊田にロングボールを当てて2列目が絡んで来る。沢山ピンチを作られたわけではないが、鳥栖がボールを持ってる時は名古屋が動かされてる印象が強かった。

名古屋のチャンスとビルドアップ

鳥栖のビルドアップの唯一の弱点となったのがゴールまでの道を探せば探すほど、チームが前に重くなってしまう事だった。

ボールを持っていると鳥栖は次第に梁、原川も前目にポジションを取り出す。利他的にアクションを取る選手が少なかった鳥栖は選手が前で渋滞を起こす。そこを中盤でカットし前線へパス一閃。後は決めるだけというカウンターが何回か。

鳥栖のキーパーに阻まれてしまったが、山崎がいなくなり前線でボールに一呼吸置かせる事が出来なくなった状態で相手を崩す最善策だった。

名古屋のカウンター

名古屋が組み立てる際、鳥栖は前を4枚で蓋をして、名古屋が数的な不利をフォローするために前線の選手が降りなければいけない、またはパスを受けるために何度も動き直さないといけないような陣形を取った。

鳥栖の対策

鳥栖の「蓋」をこじあけるために、名古屋は阿部が中盤の低い位置まで降りてきて、稲垣、シミッチの位置が低くならないようにフォローするようなこともあった。

センターバックに対し阿部が「ゴールキーパーまで戻すな!」と指示していたのはキーパーまで下げたら鳥栖の守備の蓋が作られ崩しにくくなるだけでなく、あわよくば豊田にキーパーまでプレッシャーをかけられてロングボールを蹴らされボールを失うのを避けたかったからだろう。

しかし、DAZNの解説でも言っていた通り、名古屋の相手を剥がす能力が高かった事でゆっくりではあるが相手のプレッシャーをいなしつつ何度か決定機を作ることができた。

シミッチが鳥栖の選手の目線を変える配球をしてくれたこと。阿部が相手の嫌な位置に顔を出してくれたことが大きかった。

後半シャビエル投入後

後半、シャビエルが投入されてから成瀬のカバーエリアが明らかに広くなり、阿部が右に入りながらも基本的にはセンター寄りに。

シャビエルとマテウスの横のラインに稲垣、シミッチ、阿部がいつでも逆三角形の頂点になれるような形にして、ボールを保持した状態からでも鳥栖の構えた守備を崩す意思を持ち始めた。

頑張れ成瀬ゾーンとパスの出しどころ

得点にはつながらなかったが、終盤での細かいパスワークから広いところへの展開の形は可能性を感じさせるものだった。

まとめ

球際の攻防が白熱する試合基準で両チームとも負傷者を出してしまい、なんともモヤモヤする試合に。その中でやりたいことをやろうとした鳥栖と臨機応変にギリギリで対処した名古屋の牽制し合う展開に。観ている人が、中二日で「これだけやれれば」と思うのか「勝たなきゃ意味ない」と思うのかが大きく分かれる試合だったのかな?と。

良かった所

  • シミッチで支えられた試合展開
  • マテウス中二日でなぜかテンションが下がって無かった
  • 阿部も少しずつ調子が上向きに?

心配な所

  • 吉田の状態(ファールトラブルが吉田らしくなかったのはまだ無理してるからか?)
  • 山崎の状態(モチベーションも含めて、今日は死ぬほど悔しかったはず)
  • シャビエルの状態(次節は強制お休みなものの、スプリントの仕方が明らかにおかしかった。)
  • 相馬の状態(いつもニコニコしてるから分かりづらい)

さいごに

来季の構想なんかの話題も議論したくなる時期ですが、目の前のことを1つずつ。8日空いて広島戦です。しっかり休んでいい形で勝てればと。現地で応援する方、ゲン担ぎにアウェーグルメを食べて名古屋から声援を送る方々。牡蠣には気をつけましょう。

よろしければシェアしてください

ads

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE