グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

なぜボールを持てなかったか 2021年J1リーグ第15節 徳島ヴォルティス戦ゆってぃのレビュー #grampus #vortis

引き分けで良しなのか、勝てなかったのか。どちらの評価にするのか難しい試合

ACLが始まると「問答無用に勝たなければ行けない試合」が続くのでそれを踏まえて、このの試合をチームはどう見るか

スタメン

ヴォルティス・グランパスのスターティングメンバー
ヴォルティス・グランパスのスターティングメンバー

徳島の形

試合開始直後から徳島は名古屋が盤面を落ち着かせようとするポイントでプレッシャーを掛けるものの、無理に形を変えてまでプレッシャーに行く事はせず、ある程度のポイントで撤退して構える事は崩さない。

名古屋としてはこれが非常にめんどくさく、徳島が前からプレッシャーに来たタイミングで最終ライン(吉田等)が縦方向の長いボールを試みるも、サーチが遅れると相手が引いていくので裏に出すボールは効果的とはいかなかった。

徳島の形
徳島の形

徳島としては引くタイミングが効果的だった事で、名古屋の全体が押しあがったところで奪って後ろが薄いうちに前進する形が取りやすくなる。そんな中で名古屋が助かった点は、相手が思ったよりプレッシャーに対して弱かった点だった。自陣で保持しながら攻撃の機会を探す中でパスのミスなどが見られた。

リズムの取り方を狙われる

名古屋は攻めの機会をうかがう際に頻繁にサイドバックからサイドハーフの縦から縦のボール交換を使う。前半15分の吉田から相馬の縦へのパスのシーン。吉田の隣に米本が相手を外して立っているのにも関わらず、状況が分からない相馬へのパスを選択する。シャビエルはボランチで消されているため相馬としては1対1で勝つしかどうにもならなかった。相馬が消えていた感覚になったのは、こんな状況が試合中に発生していたからかもしれない。

名古屋をどう消すか
名古屋をどう消すか

小西の立ち位置が曖昧になると宮代の判断が曖昧になる時もあったので名古屋としてはもう少しセンターを経由したかった。この部分はチームの「手癖」になっているような気がするので「周りを観る事」をもう一度チーム全体で確認したかった。

こうはいったものの、恐らく徳島としては自分たちのスタイルとは違う「いつもとは違うやり方」をやってきた事もあり、引く時に整理されない時もあったので、その時にしっかり仕留めておければ…

名古屋のプレスのかわし方

最終ラインに名古屋はプレスをかけるも、徳島は上福元も含めて長いボールで潔く回避する。ボランチを落とさずに最終ラインのジエゴ、カカ、ドゥシャンでボールを保持し、名古屋はそれに対して柿谷、シャビエル、マテウス(又は相馬)で嚙合わせると、徳島としては中央にボールを蹴っても稲垣、米本に対して枚数有利を取れる為、中央で名古屋がボールを回収する余裕がなかった。

名古屋のプレスをどうかわすか
名古屋のプレスをどうかわすか

こうなってしまうと、名古屋は引いて構える事を重要視していく。その結果徳島は前半はボールを持てる展開になった。

中谷、長澤、齋藤のスパイス

後半に入り、前半より顕著に中谷が成瀬を前に押し出すように幅を広くとる。成瀬が上がった分そこを相手から攻められる回数は増えたものの、攻撃では成瀬が上がる分サイドハーフの選手は内側へ押し出された。逆サイドでは齋藤が入ることで吉田の縦に抜ける位置を作り出した。

今シーズンの点が入らない時の名古屋の形の典型で、ハーフスペースに人を配置して外側の渋滞を解消する形を取った。

長澤と稲垣は前の人数が増えたことで徳島が後ろへ意識が行くようになると同時に、自由が利くようになり、後半攻撃に参加する回数も増えていった。(カウンターを食らう事も出てきたが。)

長澤和輝・齋藤学・中谷進之介による変化
長澤和輝・齋藤学・中谷進之介による変化

「配置したもののどうしよう?」という部分は、相変わらずいつも通りだったので、何回もこの形での攻めを繰り返して引き出しを増やしていくしかないとは感じた。

まとめ

「点をとりたい時にはこうします」という形はここ数試合で明確になった。しかし、その形をどう活かすのか?までには時間がかかりそう。引き出しが埋まるまで我慢するしかないのだが、観てる人たちはどうにも悶々とする試合が続きそう。

丸山の長期離脱も示唆されるなか、長澤、森下の次に救世主になるのは木本になるのかが注目。(他の選手でも大歓迎!)

良かった点

  • 木本のチームに与える新しいリズムは前向きにとらえられる
  • 長澤のチームへのフィットが完了した模様。
  • 中谷の「丸山いないバフ」が発動しそう

心配なところ

  • 監督会見でも言っていたが、センターバックのコンビのフィットには時間がかかりそう。

さいごに

次の対戦相手の仙台は「耐えながら刺す」で大分から勝ち星を得た。

調子の上がっている仙台に対して名古屋の解答はどうなるのか。

よろしければシェアしてください

ads

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE