グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

2022年J1リーグ第6節 ガンバ大阪戦マッチプレビュー #grampus #gamba

はじめに

本日は2022年のJ1リーグ5試合目、今節の対戦相手はガンバ大阪とのアウェイゲームです。

エースの宇佐美、正GKの東口は負傷により離脱中ですが、片野坂監督の元でも試行錯誤しながらも名古屋グランパスより得点も多く奪っており、強敵には変わりありません。

名古屋グランパスの長谷川監督も「前半から自分たちのサッカーをしっかりとやっていきたい。だからといって簡単に点を取れるというわけではないと思いますが、前後半をとおして自分たちのサッカーをしながら、勝点3を獲って帰ってこられるように闘っていきたいと思っています」と前日監督会見でコメントしており、警戒しています。

この試合をプレビューします。

両チームの予想布陣

両チームの負傷者の情報等を踏まえて先発を予想しました。

ガンバ大阪・名古屋グランパスの予想スターティングメンバー
ガンバ大阪・名古屋グランパスの予想スターティングメンバー

①ガンバ大阪

ガンバ大阪は相手チームにより選手配置を変えているようです。

今シーズンの名古屋が3CBのチーム(鳥栖や柏)に苦戦していることはスカウティングしていると思いますので、今節は3-4-2-1の布陣と予想します。

  • GK:東口に代わりリーグ戦で起用されている石川と予想します。
  • DF:3バックは三浦、昌子、高尾と予想します。日本代表経験のあるCBが2人おり、簡単に名古屋のFWにシュートチャンスは与えないでしょう。
  • MF:中盤の底に山本、齊藤、両WBに小野瀬、黒川、両SHに倉田、山見と予想。特に潰し屋の齋藤と長短のパスで攻撃を組み立てる山本の組み合わせは厄介です。
  • FW:今節のCFは空中戦の高さ、フィジカルの強さのあるパトリックと予想します。

②名古屋グランパス

名古屋は今シーズンの基本布陣4-2-3-1となる可能性が高いと思いますし、各媒体の予想布陣も同様だと思います。

しかし、ルヴァンカップの徳島戦で仙頭を左SHに回してから攻撃がスムーズになり2得点できたことから、SHに仙頭を置くことも想定され、もう1つの案として4-4-2で予想してみました。

  • GK:前節と同じくランゲラックと予想。
  • DF:CBコンビは藤井とチアゴ、右SBは宮原、左SBは森下。中谷は日本代表の活動においても別メニューだったようですので、ルヴァンカップ徳島戦に続き、チアゴ、藤井のCBコンビと予想しています。吉田豊は負傷明けの為、先発は森下、途中出場で吉田豊と推測しました。
  • MF:CMは稲垣祥とレオシルバ、左SHに仙頭、右SHにはカストロ(マテウス)と予想。左SHに仙頭を起用した場合には仙頭が内側に侵入し、大外を森下が使うなど徳島戦で見られたようなコンビネーションが見られるのではないか、という予想、というより個人的願望です。
  • FW:長谷川監督は結果を残した選手は次の試合でも起用するという話がありますので、徳島戦で得点した酒井と柿谷の2トップを予想します。

https://news.yahoo.co.jp/articles/744643ef094525009880f84e2b0f7aaaf1b82a1b

名古屋グランパスの勝ち筋

①ハーフスペースに立つガンバ大阪のSH2人を自由にさせない

中盤の4枚は噛み合うか
中盤の4枚は噛み合うか

名古屋が4-4-2の布陣、4-2-3-1の布陣にするにも関わらず、両チームの中盤の4人はマンツーマンの形で対峙することが予想されます。

必然的に中盤の人数が同数となる場面が多いと思われ、ファストブレイクにより中盤で攻撃に優位な形でボールを奪い、数的優位で攻撃に移る回数をどれだけ作ることができるか。

試合の行方を左右する要素になるでしょう。

また、ガンバ大阪のSHは名古屋CBとSBの間(ハーフスペースと呼ばれる位置)でボールを受けることが多いため、誰がマークにつくか、マークの受け渡しをどうするのか、という約束事の徹底が自陣ゴール前での守備では大事になります。

試合が進むにつれ疲労でマークが甘くなる展開も起こりますが、名古屋守備陣が90分間集中して耐えられるか。

この2点がこの試合の注目ポイントだと考えています。

②セットプレーで得点を期待したい

試合は中盤が同数で噛み合い拮抗した攻防が予想されます。

膠着した試合展開になる可能性も考えられますが、ガンバ大阪は直近のルヴァンカップ鹿島戦でCKから2失点している事実があります。

この1週間で守備を修正しているとは思いますが、今節もCK、FKからシュートチャンスを多く見られたらと思います。

名古屋のコーチ陣もルヴァンカップ鹿島戦はスカウティングしているでしょうし、得点を期待したいですね。

おわりに

ルヴァンカップの徳島戦を経て、SHの組み合わせも昨シーズンまでのカストロ、相馬の組み合わせ以外の組み合わせが出来てきました。

また、sFC東京からSBを含めて色々なポジションでプレーできる内田宅哉が期限付き移籍で加入するなど、まだまだ中盤の組み合わせは試されると思われます。

一方でリーグ戦2つ目の勝利を見たいのも本音。

本日も熱い試合を期待したいですね。

良い試合になりますように。

よろしければシェアしてください

ads

About The Author

ダンコバ
愛知県春日井市出身、静岡県浜松市在住のアラフォー会社員。 職場ではジュビロ磐田、清水エスパルス、FC岐阜のサポーターに囲まれつつ、名古屋グランパスのサポーターをしています。 他の趣味は自転車、トライアスロン、ゴルフ。
Follow :

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE