グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

2022年J1リーグ第2節 FC東京戦マッチプレビュー #grampus #fctokyo

はじめに

今節は延期となっていたFC東京とのアウェイゲームです。

FC東京はアルベル監督の元でボール保持を重視する戦い方にシフトしている最中ですが、ディエゴオリヴェイラを中心とした攻撃陣が好調を維持しており、名古屋にとって難しい対戦相手であることは間違いありません。

名古屋グランパスの長谷川監督も「東京は個の力を持った選手、特に前線にタレントがいます。そういう選手たちに簡単に仕事をさせてしまうとゴールに直結してしまいますので、簡単にプレーさせないことが大事です」と警戒しています。

この試合をプレビューします。

両チームの予想布陣

両チームの負傷者の情報等を踏まえて先発を予想しました。

FC東京・名古屋グランパスの予想スターティングメンバー
FC東京・名古屋グランパスの予想スターティングメンバー

①FC東京

今シーズンは4-1-2-3の布陣を敷くことが多いため、今節も4-1-2-3と予想します。DFラインからのビルドアップを苦にしない選手が揃っており、FW陣は快速揃いで難しい対戦相手です。

  • GK:スウォビィクの先発と予想します。
  • DF:木本、エンリケトレヴィザンのCBコンビ、右SBが長友、左SBが小川と予想。
  • MF:アンカーに青木、IHに安部、松木と予想。
  • FW:CFにディエゴオリヴェイラ、右WGに永井、左WGに渡邊と予想。

②名古屋グランパス

前日監督会見でも3バック継続を匂わせている為、3-1-4-2の布陣と予想しました。

  • GK:ランゲラックと予想。
  • DF:CBは藤井、中谷、丸山と予想。鹿島戦から中2日であり、丸山は休ませたいところですが、チアゴがベンチ入りしていなかった状況を考慮すると丸山が強行出場するのではないかと予想します。
  • MF:アンカーに稲垣祥、IHに阿部と仙頭、左WBに相馬、右WBには森下と予想。中2日なのでレオシルバに代わって阿部をIH、アンカーに稲垣祥に置く新しい組み合わせを試すのでは、と予想しました。
  • FW:前節と同じくカストロと金崎の2トップを予想します。

名古屋グランパスの勝ち筋

①両サイドからのクロスに要注意

クロスを上げさせると空中戦の強さ/決定力を合わせ持つディエゴオリヴェイラがいる
クロスを上げさせると空中戦の強さ/決定力を合わせ持つディエゴオリヴェイラがいる

今年のFC東京は得点パターンの40%近くがクロスからの得点です。

FC東京はボール保持を主体としたチームに生まれ変わりつつありますが、それだけではなく、快速WGを主体としたショートカウンターからクロスという形も脅威です。

名古屋としては失点のリスクを抑えるためにクロスを上げられる場面を出来るだけ少なくする必要があります。

そのためにはまず両サイドをどれだけ名古屋が制圧できるか、要注目です。

②両サイドバックの裏のスペースを使いたい

SBの裏のスペースを有効に使いたい
SBの裏のスペースを有効に使いたい

FC東京は今シーズン5失点と堅守のチームですが、その内の2失点、40%はクロスからの失点です。

スウォビィクのセービングで失点を防いでいますが、有効な攻め手であると思われます。

とはいえ、単純な空中戦では名古屋のFW陣は分が悪いでしょう。

FC東京のSBは高めの位置にポジショニングするため、名古屋としてはその裏のスペースに縦パスを入れ、サイドから低く速いクロスを入れる攻撃を狙いたい。

両サイドの選手の活躍に期待しましょう。

おわりに

アウェイゲーム連戦、中2日と名古屋にとって難しい条件ではありますが、リーグ戦3つ目の勝利をそろそろ見たい。

良い試合になりますように。

よろしければシェアしてください

ads

About The Author

ダンコバ
愛知県春日井市出身、静岡県浜松市在住のアラフォー会社員。 職場ではジュビロ磐田、清水エスパルス、FC岐阜のサポーターに囲まれつつ、名古屋グランパスのサポーターをしています。 他の趣味は自転車、トライアスロン、ゴルフ。
Follow :

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE