グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

第102回天皇杯3回戦 vs ツエーゲン金沢戦マッチプレビュー #grampus #zweigen #天皇杯

はじめに

本日は天皇杯3回戦、名古屋グランパスはツエーゲン金沢とのアウェイゲームです。

長谷川監督も「非常に粘り強い戦いをするチーム。簡単にはいかないと思います。ホームでJ1のチームを食ってやろうという形で、相当な覚悟でくると思います。気持ちで負けたら難しい展開になる。球際や気持ちの部分で負けないことが重要だと思っています」とコメントしており、警戒しています。

この試合をプレビューします。

両チームの予想布陣

両チームの登録メンバーなどから予想しました。

名古屋グランパス vs ツエーゲン金沢 試合情報|天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会

ツエーゲン金沢・名古屋グランパスの予想スターティングメンバー
ツエーゲン金沢・名古屋グランパスの予想スターティングメンバー

①ツエーゲン金沢

リーグ戦と同じ4-4-2が基本布陣と思われます。直近のリーグ戦から中2日ですので、天皇杯2回戦のメンバーにリーグ戦に出場した数名を加えると予想しました。

  • GK:天皇杯2回戦と同じ三浦と予想。
  • DF:CBコンビは廣井と黒木、両SBは高安と毛利と予想。
  • MF:CHは松本と力安、両SHは大石と片倉と予想。
  • FW:2トップは丹羽と林と予想。林はJ2リーグでも既に6得点を上げており要注意です。また、豊田陽平は後半途中からジョーカーとして起用されると考えています。

②名古屋グランパス

基本布陣は3-1-4-2と予想。直近のリーグ戦から中3日であり、リーグ戦のメンバーから何名かターンオーバーすると思われます。

この試合の見どころ

①ロングカウンターに対してのリスクマネジメント

ツエーゲン金沢はロングカウンターを得意とするチームであり、失点しても簡単に崩れない粘り強いチームです。直近数試合においてもJ2上位の横浜FC対して引き分けるなど、侮れません。

ツエーゲン金沢 2022 チームスタイル[攻撃セットプレー] | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB

そして、チームが苦しい時に得点する豊田陽平も控えています。

中途半端なボールの奪われ方をすると、ロングボールから一気にカウンターで攻め込まれる展開が増えてしまいます。チームとして金沢のカウンター攻撃に対するリスクマネジメントを遂行できるか、守備面での注目点と考えています。

②得点のカギはセットプレー

今年の名古屋はロングカウンターとセットプレーが特徴のチームです。

名古屋グランパス 2022 チームスタイル[攻撃セットプレー] | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB

ロングカウンターからシュートに持ち込む展開が多ければ理想的ですが、金沢はボール保持にこだわりがあるチームでは無いため、名古屋がボール保持する時間帯が多くなると思われます。しかし、今年の名古屋はボールを保持している状態での攻撃での得点が少ないため、先取点を取る為にはコーナーキック、フリーキックなどのセットプレーは大事にしたいところです。

期待したいですね。

おわりに

カップ戦は内容より結果、アウェイゲームですが勝利が期待されます。

雨予報が予想され難しい試合になる可能性も大いにありますが、熱い漢・武田を筆頭に奮闘してもらいたいですね。

あいにくこの試合はTV中継が無く、NHKのテキスト速報くらいしかありませんが、名古屋の勝利を信じて応援しましょう。

良い試合になりますように。

よろしければシェアしてください

ads

About The Author

ダンコバ
愛知県春日井市出身、静岡県浜松市在住のアラフォー会社員。 職場ではジュビロ磐田、清水エスパルス、FC岐阜のサポーターに囲まれつつ、名古屋グランパスのサポーターをしています。 他の趣味は自転車、トライアスロン、ゴルフ。
Follow :

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE