グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

2022年J1リーグ第18節 鹿島アントラーズ戦マッチプレビュー #grampus #antlers

はじめに

本日は鹿島アントラーズとのホームゲームです。

鹿島は上田・鈴木の2トップを中心とした攻撃陣が絶好調、首位争いをしている強敵です。

名古屋グランパスの長谷川監督も

前線のタレントを生かして、パワフルなサッカーをしてくる印象があるので、受け止めるところはしっかりと受け止めなければいけません。また、自分たちの良さというところを、前節の浦和戦の特に立ち上がりは出すことができなかったので、今節はホームゲームですし、試合の入りから我々のサッカーをしっかり表現できるかどうかだと思います

と前日監督会見でコメントしており、警戒しています。

この試合をプレビューします。

両チームの予想布陣

両チームの負傷者の情報等を踏まえて先発を予想しました。

名古屋グランパス・鹿島アントラーズの予想スターティングメンバー
名古屋グランパス・鹿島アントラーズの予想スターティングメンバー

①名古屋グランパス

今節も3-1-4-2の布陣と予想しました。

  • GK:武田洋平と予想。
  • DF:3バックは中谷、藤井、丸山で予想。天皇杯の金沢戦で復帰した河面もそろそろリーグ戦での先発出場を見たいところですが。
  • MF:アンカーにレオシルバ、インサイドハーフは稲垣祥と仙頭、右WBは森下、左WBは相馬と予想。
  • FW:酒井は負傷による長期離脱の発表がありましたので、カストロと柿谷と予想。

②鹿島アントラーズ

鹿島は4-4-2と予想します。

  • GK:クォンスンテと予想。
  • DF:関川、三竿のCBコンビ、右SBが常本、左SBが安西と予想。
  • MF:CMにピトゥカ、樋口、右SHに和泉、左SHにアルトゥールカイキと予想。
  • FW:上田と鈴木の2トップと予想。2人とも決定力の高いFWであり、要注意です。

名古屋グランパスの勝ち筋

①両サイドからのクロスに要注意

サイドからのクロス
サイドからのクロス

クロスを上げさせると空中戦の強さ/決定力を合わせ持つ2トップがいる

今年の鹿島はリーグ戦の得点パターンの25%がクロスからの得点です。

リーグサマリー:2022 J1 得点パターン | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB

上田と鈴木の2トップがともに空中戦が強く、両サイドから高精度のクロスが供給されることが主な要因ですが、相手チームが跳ね返したボールを回収し、二次攻撃三次攻撃に繋げられる樋口や和泉などがいることも要因の一つでしょう。

名古屋としては失点のリスクを抑えるためにクロスを上げられる場面を出来るだけ少なくする必要があります。

そのためにはまず両サイドをどれだけ名古屋が制圧できるか、要注目です。

②低く速いクロスでシュート、セットプレーに繋げたい

低くて速いクロスを入れる
低く速いクロスでシュートチャンスを作れるか

名古屋はクロスからの得点、セットプレーからの得点でリーグ戦全得点の50%を占めています。一方、鹿島の失点パターンはクロスからの失点は特に多くないものの、30%近くがクロスからの失点です。

リーグサマリー:2022 J1 失点パターン | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB

単純な空中戦では名古屋のFW陣は分が悪いと思われますが、名古屋の長所であるサイドアタックから低く速いクロス、シュートチャンスに繋がらなくてもコーナーキックやフリーキックなどセットプレーに結びつけることでチャンスを広げて欲しいところです。

おわりに

本日も暑い1日になりそうですが、現地観戦される方は熱中症にお気をつけ下さい。

厳しい相手ではありますが、リーグ戦でも巻き返すために勝利を見たいですね。

良い試合になりますように。

よろしければシェアしてください

ads

About The Author

ダンコバ
愛知県春日井市出身、静岡県浜松市在住のアラフォー会社員。 職場ではジュビロ磐田、清水エスパルス、FC岐阜のサポーターに囲まれつつ、名古屋グランパスのサポーターをしています。 他の趣味は自転車、トライアスロン、ゴルフ。
Follow :

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE