グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

魂、見せてもらいました #やわらかめコラム #grampus

忍者「どうも忍者です」

忍者

記者「どうも記者です」

記者

忍「引き分けでござった」

記「勝てなかったですねえ」

忍「しかし『選手の気持ち』を感じられる引き分けで」

記「この試合を見て不満を覚えたファン・サポーターはほぼいなかったのではないでしょうか

忍「熱戦・激戦でござったなー」

記「順番に振り返っていきましょう」

忍「まず川崎、グランパスの5-3-2守備にてこずっていた」

記「川崎といえば、引いた相手の守備ブロックを突破してしまう攻撃力が売りですが、なかなか難しかったみたいですね」

忍「疲労、レアンドロ・ダミアン不在等々、色んなことが考えられるが、単純に中谷はじめグランパス守備陣の出来が良かったこともあった」

記「川崎の選手たち、恐らく疲労のせいなんでしょうが、妙にアフター気味で危ないファールが目につきましたね」

忍「出足の遅れの影響であろな。よくある話でござる」

記「一方、中谷中心に、今の川崎のストロングポイントであるマルシーニョを封じたのは見事でした」

忍「決定機は作られたでござるが」

記「ゴホッゴホッ」

忍「ミッチの堅実にシュートコースを消す守備がマルシーニョのミスを誘ったわけで」

記「あれはミッチの勝ちでしたね」

忍「そんなこんなで川崎の攻撃を耐え、後半からはグランパスも攻撃に出る時間が増えてきた」

記「しかし、先制したのは川崎でした」

忍「ハンドじゃないか、という声も見られたシーンでござった」

記「実際そう思えましたが」

忍「仮に誤審だとしても普通にあるレベルの誤審だから、忖度どうこう言うようなもんじゃないでざる」

記「普通に誤診があったら困るのですが……」

忍「VARがいたとしても人間のやることなので。これもフットボールでござろう」

記「気を取り直して、グランパスでは、後半から入った永木が効いてましたね」

忍「森下に『水を届ける』プレーは素晴らしかったでござる」

記「右サイドの攻撃が超活性化していましたね」

忍「一方、左サイドは……」

記「内田が入ってボールを引き出すものの、そのあとにどうするの? という感じで」

忍「永木&森下が輝いていただけに相馬&内田・仙頭あたりのちょっとこれじゃない感が目立ちましたなー」

記「無いものねだりなんでしょうか」

忍「左サイドもイキイキしていたらグランパスが勝っていたであろうなー」

記「そこまで上手い話は無い、と」

忍「グランパスの失点シーンを見ても、あそこでジェジエウがフリーになっているのは論理的に当然な展開でござったし」

記「選手の気合と、追いついた流れでごまかされそうになりますが、劣勢の時間の方が長かったのも確かでした」

忍「今シーズンも優勝争いできているチーム相手の善戦。卑下する必要はないが、勝てなかったことも事実」

記「次の広島戦はコンディション的にしんどそうですが、この試合みたいな気合を見せてくれればきっと良い勝負になります」

この試合の良かったところ

  • つよいきもち
  • 中谷素晴らしい
  • リーグでは久々の稲垣キャノン
  • 総じて存在感をバリバリ見せてくれた交代選手達

この試合の(´ε`;)ウーン…

  • 勝ててはいない
  • ピッチ外のことはもう終わりにしましょう(スルーも大事)
  • 展開的に割を食った永井の消えっぷり

最後に

忍「次も上位の広島でござる」

記「しかもグランパスの苦手なハイプレス系です」

忍「正直、苦戦が予想される」

記「うーん」

忍「しかし、川崎戦のように気合の入った良い試合からの惨敗は避けたいところ」

記「良い試合のあとには勝ち試合が見たいですもんね」

忍「おあとがよろしいようで」

記「それではまた次の記事でお会いいたしましょう」

忍「ニンニン」

よろしければシェアしてください

ads

About The Author

ラグ
愛知産まれ名古屋在住の、趣味グランパス応援その他、本業はサラリーマンです。人からは感情的な呟きと文章のロマンチストと言われます。クロスバイク(TREK 7.4FX)でうろうろする自転車乗り。お酒大好き。痩せたい。
Follow :

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE