グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

2023年J1リーグ第2節 京都サンガ戦マッチプレビュー #grampus #sanga

はじめに

J1リーグ開幕戦のアウェイゲームを制した名古屋グランパス。

本日はホーム開幕戦、京都サンガ戦です。

前節の横浜FCも前線から積極的にボールを奪いに来るチームで攻守に苦労しましたが、今節の京都も前線から激しく守備を仕掛けてくる難敵です。

対する長谷川健太監督も

「京都もアグレッシブなチームなので、決して停滞したような試合にはならないと思います」

とコメントしており警戒しています。

この試合をプレビューします。

両チームの予想布陣

名古屋グランパス・京都サンガの予想スターティングメンバー
名古屋グランパス・京都サンガの予想スターティングメンバー

名古屋グランパス

前節からの継続で3ー4ー3の布陣、3トップで得点を狙う堅守速攻を基本とするでしょう。

  • GK:ランゲラックを起用すると予想。
  • DF:野上、中谷、丸山の3バックと予想。前節の試合後インタビューでボールをもう少し保持したいという内容のコメントが監督や選手からも出ていましたし、守備の安定感という意味でも右CBを野上、左CBは丸山の起用ではと考えました。
  • MF:IHに稲垣と米本のコンビ、WBに森下、和泉と予想。左CBに丸山を起用する場合、左WBは攻守に運動量豊富な選手が必須となる為、和泉が起用されるのではと考えました。
  • FW:カストロ、ユンカー、永井の快速3トップと予想。途中出場で酒井、レオナルド(ナウド)の投入と推測します。

京都サンガ

基本布陣は4-1-2-3を継続すると予想。前節は攻守に積極性を欠き鹿島に敗れましたが、今節はネジを巻きなおして前線からボールを激しく奪いに来るでしょう。

  • GK:若原と予想。
  • DF:井上と麻田のCBコンビに白井と福田のSBと予想します。
  • MF:アンカーに川崎、IHに福岡、武田のコンビと予想します。運動量、プレーの強度共に素晴らしい3名ですが、この3名に中盤の攻防で後手を踏み続けると昨シーズンのアウェイ戦のように守備で奔走する事態になります。
  • FW:豊川、山﨑、パウリーニョの3トップと予想します。交代選手にもパトリックが控えており、名古屋守備陣も90分を通して油断できないでしょう。

名古屋グランパスの勝ち筋

ハイプレスをいなして京都DFラインの裏のスペースを突けるか

京都サンガはDFラインを高い位置に押し上げ、前線から積極的にボールを奪いにいくハイライン、ハイプレスを特徴とするチームです。昨シーズンの名古屋との対戦はルヴァンカップでは2勝ですが、リーグ戦では2引き分けで苦戦しました。

前節に京都と対戦した鹿島は、ボールを奪った後に京都DFライン裏のスペースへボールを速く送り込むことを徹底していました。

名古屋グランパスも同様にボール奪取後のファストブレイクで一気に相手ゴールに迫ることができるか。前節のユンカーの幻の2点目のような展開に持ち込めれば理想的です。

得点を期待したいですね。

球際の強さにひるまないこと

名古屋も前節はボール奪取の局面、俗にいう球際の激しい試合を展開していましたが、競り負けることも多く、特に後半は苦戦を余儀なくされました。

長谷川健太監督の率いるチームは球際の強さが重要なテーマの1つですが、曺監督が率いる京都も球際の強さに定評があります。

本日の試合も激しい攻防が予想されますが、ひるまず戦って欲しいと思います。

おわりに

スタグルも充実させるようなので、お時間がある方は少し早めに現地入りしても楽しめるかも知れませんね。今年はキャッシュレス決済にも対応していることで、会計のスピードアップが期待されます。

試合に関しては、前節よりもアグレッシブに戦う名古屋グランパスに期待しています。良い試合になりますように。

About The Author

ダンコバ
愛知県春日井市出身、静岡県浜松市在住のアラフォー会社員。 職場ではジュビロ磐田、清水エスパルス、FC岐阜のサポーターに囲まれつつ、名古屋グランパスのサポーターをしています。 他の趣味は自転車、トライアスロン、ゴルフ。
Follow :

Leave A Reply

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE