グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

2016年1st第16節柏レイソル戦先発予想と試合の見どころ

2016年1st第16節柏レイソル戦先発予想と試合の見どころ

2016年6月18日19:00より、パロマ瑞穗スタジアム(瑞穗陸上競技場)にて2016年1stステージ第16節柏レイソル戦が開催されます。その試合の先発を予想します。

名古屋グランパス:4-5-1

スタメン

  • GK楢崎正剛(武田洋平)
  • DF矢野貴章 大武峻 竹内彬 安田理大
  • MFイ・スンヒ 磯村亮太 田口泰士 古林将太 永井謙佑
  • FWシモヴィッチ
  • リザーブ GK武田洋平(荻晃太)  DFオーマン MF小川佳純 磯村亮太 矢田旭 FW野田隆之介 小屋松知哉 川又堅碁
柏戦先発予想
柏戦先発予想

怪我人・出場停止・イエロー累積

  • 怪我人:田鍋陵太(膝後十字靱帯断裂)、青木亮太(半月板損傷、膝前十字靱帯断裂)、松田力(ハムストリング肉離れ)、和泉竜司(ハムストリング肉離れ)、明神智和(詳細不明)、イ・スンヒ(足首痛:強行出場の見込み)
  • 出場停止:なし
  • イエローカードリーチ:古林将太(2枚)
  • 杉森考起がU19日本代表で遠征中

今節の見どころ

  1. 2トップはビハインド時のオプションとして考えられているようで、4-2-3-1が復活する見込み。田口泰士がトップ下を務めることで前線でのボールが「詰まる」現象は解消できるが、泰士は得点力が格段に高いわけでもなく、ミドルもあまり枠にいかない。あまり相手の脅威にならない。そのためには古林将太と永井謙佑のカットイン(中に切れ込むプレー)からのシュートが重要になってくる。惜しいプレーの多い古林将太に今季二点目が生まれれば勝機が見えてくる。
  2. シモヴィッチのマーク集中問題。シモヴィッチは強く、得点力も高いが、運動量が豊富なわけでも、マークを外す俊敏性も高いわけでもない。そうなるとシモヴィッチのマークをはがせる動きを周囲ができるかどうか。

柏レイソル:4-4-2

スタメン予想

  • GK 中村航輔
  • DF 鎌田次郎 中谷進之介 増嶋竜也 輪湖直樹
  • MF 栗澤僚一 茨田陽生 伊東純也 武富孝介
  • FW 中川寛斗 ディエゴ・オリベイラ

怪我人・出場停止

  • 怪我人:山中、大津、大谷、今井
  • 出場停止:なし

柏レイソル対策のポイント

柏が勝てなかった2試合のハイライトを見てみましょう

  1. 柏のディフェンス対策。ベガルタ仙台戦のビデオを見ると、中を締める傾向にあり、サイドからのクロスが簡単に上げられているのがわかります。そして中の中谷、増嶋は184cm、180cmとそれほど高さに優れているわけではなく、ゴール前で強い選手との競り合いで負けて得点を許しています。ゴール前の競り合いに強い選手のいる名古屋にとって、深くえぐってクロス、そこでヘディング勝負というのは十分にあり得ます。
  2. 一方で仙台戦を見てもわかるように、名古屋に比べて4バックのライン形成は綺麗で、ちゃんとサイドハーフも含めてブロック形成ができています。なので中盤中央に闇雲に突っ込んでも奪われるだけ。仙台がやったように、中と外をうまく織り交ぜながら(よくグランパスがやられているように)サイドのスペースを作っていけるかどうかが鍵になると思われます。

なんとか勝ち星が欲しい。空気を変えたいです。選手の頑張りに期待してます。

試合が楽しみですね!

ads

About The Author

グラぽ編集長
大手コンピューターメーカーの人事部で人財育成に携わり、スピンアウト後は動態解析などの測定技術系やWebサイト構築などを主として担当する。またかつての縁で通信会社やWebメディアなどで講師として登壇することもあり。
名古屋グランパスとはJリーグ開幕前のナビスコカップからの縁。サッカーは地元市民リーグ、フットサルは地元チームで25年ほどプレーをしている。

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)