グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

[マッチプレビュー]2018年明治安田生命J1リーグ第4節川崎フロンターレ戦プレビュー

多くの離脱者が発生

湘南ベルマーレ戦を体調不良にて欠場した長谷川アーリアジャスールを皮切りにして、怪我のホーシャ、八反田康平と欠場メンバーが増えてきています。こうなるとしんどいのが今年のグランパス。

代役の選手は水曜日に90分を戦った選手になりそうです。おそらくホーシャの位置に櫛引一紀、長谷川アーリアジャスールの位置に押谷祐樹が入るものと思われますが、ひょっとしたら水曜日に試した秋山陽介のインサイドハーフもあり得ると思われます。

いずれにしても万全の状況ではない川崎フロンターレ戦になってしまい、残念です。

今日の見どころは

今日の見どころと言えるのは前回湘南戦で突きつけられた、シャビエルを封じられた時にどうするか、です。

前回の試合、シャビエルへのマークがきつく、パスコースもドリブルのコースもありませんでした。長谷川アーリアジャスールのように、パスの選択肢が多い選手がいないとジョーを活かすことがあまりできません。今回長谷川はフル出場はむずかしそうな状況。出たとしてもコンディションはあまりよくありません。押谷はキックの質が高いとはいえ、動きはやはり使われる側です。ジョーを活かす側に回ることは難しいでしょう。

その課題に対して、風間監督が打ち手をとっていないわけがありません。今日の最大の見どころは、この風間監督の打ち手を鑑賞するところです。

あとはレギュラー陣の代わりに出る選手の奮起にも注目してください。誰が出るかはわかりませんが、ここでチャンスを掴めば、昨年の小林裕紀のような下克上も可能です。

今日の試合がいい試合になりますように。

ads

About The Author

グラぽ編集長
大手コンピューターメーカーの人事部で人財育成に携わり、スピンアウト後は動態解析などの測定技術系やWebサイト構築などを主として担当する。またかつての縁で通信会社やWebメディアなどで講師として登壇することもあり。
名古屋グランパスとはJリーグ開幕前のナビスコカップからの縁。サッカーは地元市民リーグ、フットサルは地元チームで25年ほどプレーをしている。

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

Comment On Facebook