グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

[マッチレビュー]2018年明治安田生命J1リーグ第7節ベガルタ仙台戦レビュー 相手の視線を動かしてみたらどうかな ~止める蹴るは1日にしてならず~

第7節、瑞穂の2018J開幕戦、対ベガルタ仙台戦は2-3で負けました。前半の内に酷い失点を二つして、ジョーのゴールで追いすがるも届かず。この試合を現地で、そして帰宅してからDAZNで観戦して思うところがあったので、簡単に提言してみようと思います。

 始めに 今日のスタメンと相手の守備配置

簡単に、と言いつつもこれは前提なので抑えておきましょう。今日のスタメンです。

1

なんと3バックを採用。3-4-3です。これは仙台のフォーメーションへの対策だったと思われます。どういうことかというと……

2

図のとおり、グランパスと仙台の選手配置が、局面ごとに完全に1対1になっています。『ミラーゲーム』と言われる配置ですね。この配置によって、選手が誰を見るのかがある程度明確になるので、あとは1対1で勝つか、またはサポートの早いチームが優位に立てます。

優位に立てなかったグランパス、優位な仙台

この試合で、前半のグランパスは非常に不利な戦いを強いられました。その理由の一つは、『縦パスへ厳しく当たられた』ことでした。図で見てみましょう。

3

グランパスのバックラインからのビルドアップの図です。今シーズンのグランパスでは、同一サイドの前線へ直接またはサイド経由でパスを出すことを基本としています。それがもうスカウティングされてバレているのかと思われますけども、前節の札幌も、今節の仙台も、『同一サイドで縦パスが出たところに厳しく当たる』を徹底していた印象です。『ここに出されたら厳しく当たる』と準備しているところにボールが出てきたら、厳しく当たられますよね。グランパス前線の、青木、和泉や深堀は厳しいチェックでボールを刈り取られていました。

後半 相手を揺さぶる攻撃

前半途中で深堀に代わってジョーが入り、後半頭から畑尾に代わってワシントンが入り、形としては今シーズンの普段の4-3-3になりました。そこで、小林裕紀を中心に、何度か相手を揺さぶる攻撃ができていました。

4

同一サイドではなく、小林経由で逆サイドにボールを展開してから攻める。『サイドチェンジを禁止しているのではない』風間監督ですから、これは元々許されていたはずです。密集した場所の突破だけでもなく、空いたスペースを利用するのは有効でしょう。

一方で、グランパスの1点目、左サイドに上がった小林からのクロスでのジョーの得点がありました。その後、仙台のDFは前半と比べてグランパスへ強く当たれていなかったと思います。これは『同一サイドの中央縦一辺倒ではない』と認識したから。例えば、サイドを抉られてのクロスだったり、中央の崩しであったり、逆サイドへのサイドチェンジであったり、複数の選択肢を突きつけられれば人間は迷います。同じ局面で見てみますと

5

青木とマッチアップしていた相手のストッパーの視界では、櫛引から小林へボールが入った際、同一の視界内で把握できていますし、秋山や青木が視界に入っています。
6

ところが、小林から宮原へボールが出た際に目線を移してしまうと、青木や秋山は一時的に出会っても視界から『消え』ます。こうなると、宮原から素早く青木や秋山への大きな展開があると捕まえにくくなります。そういった攻撃をシステマチックにやってきたのが相手の仙台でしたし、個人と個人の融合でやったのが後半のグランパスでした。

縦に早いのはいいが、相手の目線を動かすことは重要だ

今シーズンのグランパスは、風間監督自身が言うように『縦に早い』、それは間違いありません。では、縦に早いとはどういうことかと言うと『中央突破』が早い、ですね。中央突破を第一目標として選手が取り組んでおる。中央とは、言い方を変えるとゴールの正面です。そこを突破できれば得点のチャンスは高まります。だからそこを『早く』突破できれば得点に繋がる。わかります、極論すれば中央突破が至高になり得るということは。しかしながら、自分達だけではなく、相手のいるサッカーです。闇雲に中央を攻めても相手は守りやすい。

『どこにボールが出てくるのか予想できていれば適切に守れる』のですね。そこでサイドチェンジ等を駆使して、『相手の視界』をリセットし、相手の視界の外を作り出す。そういったプレーがグランパスの選手に求められているのかもしれません。J1で連敗中のグランパスですが、鍛え上げつつある基本技術に加えて、そんな発想・視線が身につけば最高です。次のアウェー鹿島戦、仙台戦の後半のグランパスが見られることを祈りつつ、応援しましょう。

ads

About The Author

ラグ
愛知産まれ名古屋在住の、趣味グランパス応援その他、本業はサラリーマンです。人からは感情的な呟きと文章のロマンチストと言われます。クロスバイク(TREK 7.4FX)でうろうろする自転車乗り。お酒大好き。痩せたい。
Follow :

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

Comment On Facebook