グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

[マッチプレビュー]2018年明治安田生命J1リーグ第9節ヴィッセル神戸戦プレビュー シャビエル以前とシャビエルの融合は果たしてできるのか

2018年4月21日16時から、ノエビアスタジアム神戸(御崎公園球技場)にて明治安田生命J1リーグ第9節ヴィッセル神戸戦が開催されます。この試合をプレビューします。

Embed from Getty Images

長かったトンネルを抜けた

リーグ戦では連敗が続いていますが、やっと10試合ぶりの勝利です。本当に勝利は良い。これまでのつらさも吹き飛ぶような気持ちです。

その連敗を止めてくれたのが若鯱深堀隼平と、開幕から苦しんできたジョーであることに意味があると思っています。

詳細はラグさんの短評を見ていただければわかると思いますが、深堀隼平が裏を抜けようとすると相手チームのラインを下げさせることができます。風間八宏監督がよく使う、「押し込んだ状態」にするにはこれが必須です。

ジョーがボールを中盤でボールを受けて、前に繋ごうとするカタチが今は多いわけですが、それではゴールがとても遠いです。ましてやジョーを追い越してゴールに迫れる選手がシャビエルくらいしかおらず、ゴールに向かう選手があまりいなかったということが得点力不足の大きな原因だったかもしれません。さらにシャビエルが離脱してからはより深刻になったと思います。

この時期、ジョーが受けて前に出そうとしてもこれまでは前のいい位置に選手がいないこともありました。だいたい裏で受けてくれるのは駆け上がった秋山陽介くらいという状態。

今回2トップにしたことで、深堀隼平がラインを下げる→ジョーが受ける位置がより高い位置になる。→ゴールに迫れる回数が増える。こんな効果があったのではないでしょうか。

ジョーの活かし方のヒントになるかもしれません。

”王”の帰還

一方で、シャビエルの復帰が予想されています。

ツイートからも、本人はやる気満々という感じです。

シャビエル不在時に誰もが感じたのはセットプレーのキッカー不足です。コーナーキックをとってもほとんどチャンスに繋がらない。そもそもショートコーナーばかりで、ゴール前の選手数が1枚足りません。シャビエルで一番ありがたいのは非凡なパスセンス、困ったときのボールの預けどころという側面です。しかしこのセットプレーのキッカーという側面があることが、いま今回わかりました。

まさに現在、名古屋の王様とも言える彼が帰還したことで、様々な問題が解決できそうです。

新たな闘い方は?

シャビエル・ホーシャ抜きだった3週間、結果こそ出ませんでしたが、徐々に形が出来上がってきました。スライドしてシャビエルの位置にいた和泉竜司はその場所でもグランパスの戦力であることを証明してくれていました。スライドしてインサイドハーフにはいった秋山陽介も徐々にこのチームでのその場所になれてきています。

この期間に、多くの選手が別のポジションを体験して、プレーの幅が広がりました。結果を出しつつある深堀隼平もおり、内田健太がサイドハーフ、ウィングの位置へと名乗りをあげました。

さて、このチームにどこにシャビエルを入れましょうか?

開幕戦の布陣に戻すというのが1案です。

もう一つ案があります。水曜日に採用した4-4-2の2の位置にシャビエルを入れるプランです。シャビエルの守備負担を減らしつつ、やはり縦に早いシャビエルが深堀隼平と同じようにプレーをできるでしょう。より攻撃をしかけなければならないときにはシャビエルが出し手に回り、縦に早い深堀隼平や佐藤寿人が裏を狙う。そこで押し込んでいったなかでジョーが得点を決める、という狙いです。

まだ万全ではないシャビエルの状態を考えると、そのコンディション的な側面からもこういう戦い方もできるのではないでしょうか。

今日の試合が良い試合になりますように。

ads

About The Author

グラぽ編集長
大手コンピューターメーカーの人事部で人財育成に携わり、スピンアウト後は動態解析などの測定技術系やWebサイト構築などを主として担当する。またかつての縁で通信会社やWebメディアなどで講師として登壇することもあり。
名古屋グランパスとはJリーグ開幕前のナビスコカップからの縁。サッカーは地元市民リーグ、フットサルは地元チームで25年ほどプレーをしている。

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment On Facebook