グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

残留争い2019 第28節終了時点

今年もこの季節がやってきてしまいました。

来年こそは優勝争いでやってみたいのですが、残り6試合、どういう状況なのかを整理してみましょう。

下位の順位表

入れ替え戦圏内まで、実は勝ち点2差、薄氷の順位にいるのがグランパスです。

一方で、9位までも勝ち点2差、なんと勝ち点5の間に8チームがいるという大混戦です。

2019年28節終了時点のJ1リーグ順位表
2019年28節終了時点のJ1リーグ順位表

好材料があるとすると、得失点差-1は、下位の10チームのなかでは良い方です。ガンバと名古屋、神戸は得失点でその他のチームと並んだときには上に行ける可能性があります。

名古屋は監督交代後も勝ち点2に留まっており、かなり厳しい現状です。

これからの対戦相手

残留争い早見表(28節終了時点)
残留争い早見表(28節終了時点)
  • 松本から上のチームの残留条件は誤差レベル
  • 優勝争い、ACL圏内争いに絡んでいるチーム(6位くらいまで)との対戦が多いチームは厳しい
    • 6位以内の対戦が多いのは、
      • 6試合中4試合:浦和、湘南
      • 6試合中3試合:神戸、松本
  • 過去5試合の勝ち点獲得ペースで行くと
    • 15位松本38 16位名古屋36 17位湘南34 18位磐田25
      • 鳥栖は29節磐田戦、31節松本戦で勝ち点6を積んでくる可能性もあり
      • 名古屋は良くて入れ替え戦行きに・・・
  • 各チーム(浦和以外)直接対決がいっぱいある(=各チーム3から4戦)ので、昨年(勝ち点41)ほど残留ラインは上がらない可能性もある
    • 各チームで潰し合う可能性大
    • 勝ち点39が1つの目安になりそう
  • 浦和の残り対戦相手が厳しい。残留直接対決が最終節のガンバだけ。
  • 湘南の残り対戦相手もかなり厳しいが、ガンバと松本との残留直接対決が残っている
  • 過去5試合の獲得勝ち点では名古屋が単独で最低
  • 名古屋は最終節の対戦相手が、優勝のかかった鹿島アントラーズのため、33節終了時点で残留確定、もしくは有利な条件にいないとかなり危険

 

名古屋が残留を決めるには、次の仙台戦、鳥栖戦、磐田戦の3戦で勝ち点7以上あげること。それ以外の3戦で勝ち点1以上をあげること。

 

VARのない審判の判定に泣かされた感もある2019年。いよいよ来年からVARによって致命的な誤審を防げるようになりますが、それはJ1だけのこと。なんとしてでもJ1に残留しましょう。

 

僕らができるのは後押し。残る試合もできるだけ応援に行きましょう!!!

よろしければシェアしてください
  •  
  • 13
  •  
  •  
  •  
  •  
    13
    Shares

ads

About The Author

グラぽ編集長
大手コンピューターメーカーの人事部で人財育成に携わり、スピンアウト後は動態解析などの測定技術系やWebサイト構築などを主として担当する。またかつての縁で通信会社やWebメディアなどで講師として登壇することもあり。
名古屋グランパスとはJリーグ開幕前のナビスコカップからの縁。サッカーは地元市民リーグ、フットサルは地元チームで25年ほどプレーをしている。

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE