グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

アウェイ札幌戦 魅惑の小樽ツアー

【やっぱり札幌戦は楽しみですね!】

こんにちは、今週末はグランパスファミリーが待ちに待った札幌戦です。今回はシンゴビッチと私の野球観戦仲間※の友人であり、コンサドーレのサポーターグループ“チーム二刀流”のリーダーである“さかもっちゃん”さんと、北海道で動く上で便利な情報を前後半の二本立てお送りします。

  • 前半 実は意外と知らない!?札幌ドームまでの上手な行き方 著者シンゴビッチ
  • 後半 札幌を少し離れてみよう!道民が勧める魅惑の小樽の穴場食べ歩きツアー 著者さかもっちゃん

今回、北海道遠征するグランパスファミリーの少しでも役に立てばと思いますので宜しくお願いします。

(※フォロワーの方は知ってると思いますが、私は野球は日ハムファンです。なので札幌ドームでやる本試合は私にとっては同じホームを持つ相手のダービーマッチになりますw)

【札幌ドームはバスが絶対便利!!エアポートは遠回り!】

さて、早速新千歳空港から札幌ドームなんですが、今回キックオフは14’00、当日入りですと早い飛行機でも厳しい時間になる場合もあります。なので札幌ドームのアウェイ側南ゲートまでの最短ルートをこれから教えます。

それはずばり北都交通のバスを使い札幌ドームに直行するルートです。一般的に札幌に行くにはJRを使って札幌駅に出るのが一般的ですが、札幌ドームは札幌市の南東にあるのに対して札幌駅は札幌市の北側になるので、大回りになってタイムロスになります。ですがバスは札幌の南側にある高速ICを経由するの最短ルートで札幌ドームに向かいます。

JRの快速エアポートを使用した場合、札幌駅まで50分程度でそこから地下鉄ですが、バスの場合は50分で札幌ドームにつきます。値段は1080円(増税前なので値上がりしてるかも・・・)で予約不要、MANACAも使えます。ちなみに大きい荷物はバス下に載せてくれるのでゲーフラ、大旗、ダンマクも問題なく運べます

※編注:1100円に増税後値上げしています https://www.chuo-bus.co.jp/highway/airport/index.cgi?ope=sap_pole&trjc=2889&trjs=29

【高速バスの乗り方】

まず国内線到着ロビーを降りましたら、JRへのエスカレータを探しましょう。

国内線ロビーにある札幌方面行きJRのサインボード
国内線ロビーにある札幌方面行きJRのサインボード

ここのエスカレーターを降りればJRですが、ここはエスカレーターではなくて、自動ドアを開けてそのまま外に出ましょう。そこがバスターミナルです。そして14番の“札幌都心行き”乗り場を探しましょう

バス乗り場の一覧
バス乗り場(右側画像)の一覧:引用元:中央バスホームページ
札幌都心行きバス(14番)
札幌都心行きバス(14番)

ちなみに、空港に着いたらまず買っていただきたいのが、北海道限定の乳酸菌飲料“カツゲン”です。カルピスのような味ですがさっぱりしてて飲みやすいです。そして何よりガラナよりマイナーなので知ってると一目置かれますw。

ソフトカツゲン
ソフトカツゲン

【札幌ドームアウェイゲートの行き方】

札幌ドームバス停
札幌ドームバス停

札幌ドームのバス停を降りたら、目の前に階段があります。これをひたすら登りましょう

バス停そばの階段をひたすら登る
バス停そばの階段をひたすら登る

登ると案内板が見えます。これに従い南ゲートへ

札幌ドーム案内マップ
札幌ドーム案内マップ

まっすぐ歩きます。

南ゲートへの案内をたどる
南ゲートへの案内をたどる

ひたすらドームづたいに歩いてください

少し長く歩きます
都市名の書かれた壁に沿って、少し長く歩きます

途中で様々な都市名が書かれたガラスの壁が見えます。この都市の書かれている基準はここに通い詰めている私でも解りませんorz

そしてずっと歩いていると駐車場に到着し、右手に南ゲートが見えます。ここがアウェイ側ゲートになります。

アウェイ入場用の南ゲート
アウェイ入場用の南ゲート

ここでシート貼りして、もしここで時間が多少あるようでしたら、ドーム近くにある“なごやか亭”という回転寿司をお勧めします。北海道の回転寿司は“トリトン”が有名ですが、トリトンやなごやか亭を含めてほとんどが郊外の車が必須なところにあります。しかしドームの近くのなごやか亭福住店だけでは徒歩圏内であり車がなくても行けます。リーズナブルでクォリティが高い寿司が食べられるのでおススメです。個人的には軍艦巻き全般に強い!とは思います。

なごやか亭福住店の外観
なごやか亭福住店の外観
こぼれいくら
こぼれいくら

さて、ここまでは私、シンゴビッチが札幌ドームまでの穴場的向かい方を紹介しました。ここからは地元の方が、内地(北海道の方は道外の方をこう呼ぶ人が多いです)の人間があまり知らない、魅惑の小樽を案内してくれます。試合の翌日や、少し札幌観光をしてからでも行けるようにコンパクトにまとめていただきましたので、是非行ってみてください!!

それでは、さかもっちゃん、よろしくお願いします!

【グランパスサポーターの皆様、北海道でお待ちしております】

小樽運河
小樽運河

こんにちは、グランパスサポーターの皆様はじめまして、コンサドーレサポーターのさかもっちゃんです!北海道へ遠征となると、試合以外に北海道観光も外せない楽しみかなと思います!

という事で、札幌の隣の市で北海道を代表する観光地・小樽を紹介していきたいと思い、9月某日に小樽へ行ってきました!!

廻る時間があまり無かった事もあり、この日は小樽駅から遠くなく観光スポットの宝庫である「小樽運河」を廻りました!

こちらからは小樽運河の近くで是非オススメのお店を紹介致します!

小樽には数え切れないほどの観光スポットがありまして全て廻るとなると1日で足りるかどうか…また、小樽の観光スポットは誰でも聞いたことかあるような場所ばかりのため、調べた方が早いかもしれません…

※小樽市はコンサドーレの菅大輝選手の出身地でもあります・・・

【11:00まずは札幌から小樽へ!】

地下鉄さっぽろ駅(南北線または東豊線が近いかなと…)18番出口よりJR札幌駅へ向かいます。

地下鉄札幌駅18番出口
地下鉄札幌駅18番出口
新千歳空港とは逆方面に
新千歳空港とは逆方面に

小樽までの運賃である640円切符を買い、11:13発の快速エアポートへ・・・

編注:快速エアポートは、新千歳空港(上の路線図下部)から札幌駅を経由して小樽(上の路線図左上)を結ぶ列車です。一部札幌駅止まりのエアポートもあります。函館本線の各駅停車を乗り継いでも小樽に向かうことはできます。

JR線札幌駅のサインボード
JR線札幌駅のサインボード

※快速エアポートは15分毎に出ていまして、小樽まで30分ほどで到着します

【11:43 小樽駅に到着】

小樽駅
小樽駅
小樽市街
小樽市街

小樽駅に着き、駅を出てひたすら直進すると…観光スポットの宝庫・小樽運河にたどり着きます

運河に向かっている途中に手宮線の線路があります

※手宮線は北海道で最初の鉄道です

手宮線線路跡
手宮線線路跡

途中にある「運河プラザ」でチェックするのも有りかなと思います

運河プラザ
運河プラザ

【12:30 まずは小樽の海の幸を】

小樽といえば寿司屋がたくさんあります…回転寿司のお店でも充分にクオリティが高いです。

休日ですとお店での待ち時間が発生する可能性が高いため、ひとまずは食事が良いかなと思います…

自分が行ってみたお店は寿司ではなく海鮮丼ですが、一度にたくさんの海の幸を堪能できる「ポセイ丼」、オススメです

たくさんのお土産屋さんが立ち並ぶ「堺町本通り」沿いにお店はあります

ポセイ丼の外観
ポセイ丼の外観
ポセイ丼のメニュー
ポセイ丼のメニュー
ポセイ丼のメニュー2
ポセイ丼のメニュー2
ポセイ丼のメニュー3
ポセイ丼のメニュー3
ポセイ丼
ポセイ丼

【13:30 オススメのお土産①ルタオのお菓子】

ルタオ本店
ルタオ本店

ポセイ丼からさらに進むと小樽発祥の有名銘菓・「ルタオ」の本店があります

※自分が行った時は外観が改装中でした…(;^ω^)

9月は工事中だったのでもしかすると11月も・・・
9月は工事中だったのでもしかすると11月も・・・

「ルタオ」は名前の通り、小樽発祥をアピールしています…本店限定の商品もあり、小樽のお土産の際は是非お立ち寄りをオススメします

ドゥーブルフロマージュ
ドゥーブルフロマージュ

ここでは本店限定のスイーツを食してきました!

限定メニューモーモーミルクパイシュー
限定メニューモーモーミルクパイシュー
限定メニューモーモーミルクパイシュー
限定メニューモーモーミルクパイシュー

【14:15 オススメのお土産②かま栄のかまぼこ】

かま栄工場直売店
かま栄工場直売店 工場見学もできます

過去にドライブインに勤めていた頃にルタオと同様、観光客から必ず聞かれた商品のひとつ、「かま栄」のかまぼこ…この「かま栄」のかまぼこは小樽発祥のお土産です

ルタオから運河側へ出て折り返すとかま栄の看板が見えてきます.。

※運河沿いをを歩いていても見えてきます

お土産を買う他にも店内のカフェでかまぼこを食べたり工場見学もできます!

かまぼこの製造工程
かまぼこの製造工程
かま栄工場内
かま栄工場内

【あとがき】

帰りは運河沿いをぷらぷらしながら駅に戻りました

3~4時間の滞在でしたが、小樽でしか味わえない雰囲気を充分に堪能できたかなと思います

観光も兼ねて楽しい北海道遠征をご満喫して頂ければ有り難いですm(__)m

【さぁ、勝って最高の遠征にしましょう!】

さて、いまのグランパスは大変厳しい状況です。もちろん楽しむことも大事ですが、勝利にも拘らなければいけません。最高の応援をもって勝利し最高の遠征にcしましょう!

そのためにも、皆様に協力してほしい事があります。今回のコンサドーレ戦ですが、暗転演出があります。我々で言うところの光のコレオです。

この演出ですが、マリノスのトリコロールギャラクシー同様に暗転したまま選手が入場します。

アウェイマリノス戦いの様子はこちらの動画と記事を参照ください。

サポーターがクラブの価値を、自身の応援物語を創る。~私がロッソジャッロギャラクシーを扇動した理由~

これ、アウェイ側だけ真っ暗ですと雰囲気に呑まれますし、選手もグランパスファミリーが見えなくて不安になるかもしれません。そこで今回も春先にあったアウェイのマリノス戦同様、赤・黄・オレンジのペンライトを掲げて我々もここにいるぞと選手に見せて、後押ししたいです。皆さまご協力をお願いします。

小西社長の言葉
小西社長の言葉

小西社長からも前回はお言葉を頂きました。

このツイートを拡散していただけると嬉しいです。そしてグランパスを最高の応援で後押しし、勝ち点3をゲットし最高の遠征にしましょう!!

よろしければシェアしてください

ads

About The Author

シンゴビッチ
理想のサポーター像を追い求めて、独身なのに35年ローンで上前津にマンション(※)を買ってしまった応援廃人。グランパス以外にFC岐阜と北海道日本ハムファイターズを応援。多様な場所から応援を見つめ応援道を追求してます。あとすごいオタク

※瑞穂も豊スタも電車一本、名古屋駅も高速ICも近くアウェイ遠征にも万全。オフィシャルストアも出た!!ええ、会社からはやっちまった奴扱いですよ(笑)
Follow :

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE