グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

2020年J1リーグ第24節ベガルタ仙台戦ゆってぃのマッチレビュー #grampus #vegalta

2020年J1リーグ第24節ベガルタ仙台戦ゆってぃのマッチレビュー #grampus #vegalta

瑞穂に飾る勝ち星がまた一つ増えました。どちらも色んな意味で「絶対に落としたくない試合」でした。

試合スタッツは名古屋が圧倒しているように見えましたが、結果は1-0と辛勝。仙台の守護神スウォビクVS強力名古屋の個の力という構図は見応えはある試合だったのではないかと思います。

中2日、地獄の仙台戦レビューです。

仙台の枠組み

ある程度ボールを持てせてもいいとしながらも、ただ構えるだけではなくある程度意図を持って構えていたように見えた。前半15分頃の木山監督の「サイドで強く」という言葉が印象的だ。

長沢、ゲデスでセンターバックにプレスをかけつつ中央最短ルートの縦パスの選択肢を消す。名古屋のボランチ二枚を外側に追いやり、外でボールをもらうように仕向ける。そこから連動してプレスをかける事はせず2列目の選手は前線への最短ルートのパスコース(ボランチ→阿部、金崎)を消しながら構える。当然ボランチはボールをもって持ち上がれるのだが、仙台の守備ブロックが構えてる事により、それ以上前進はできないのでサイドへパスを選択するか戻してやり直すことになる。

ボランチがサイドの狭いところへボールを入れた時はサイドの三角形(ボランチ・サイドバック・サイドハーフ)を圧縮してボールホルダーにプレッシャーに行く。ボランチがセンターバックに戻した時に名古屋のサイドバックがフォローに戻っていなかった場合は前から強く詰めに行くなど、ボールを取りに行く時の手札は沢山あった。

仙台は相手の選択肢を自分達の想定する選択肢に誘導し、相手のミスが出やすいような形に。そこで刈り取る。中2日の名古屋の選手たちにとってはかなりキツイ展開だったと思われる。

名古屋の対応

名古屋は仙台のブロックが横に引き延ばされるまで最終ラインやサイドを経由してゆっくり回しながら、仙台の守備の要のサイドの三角形の距離感が離れた瞬間に、その間(ハーフスペース)でボールを受けて前を向く形を多く取った。相手のブロックを引き延ばす為に、名古屋のビルド時の選手配置が稲垣と米本以外が外側に配置され、凄いことになっている状態もみられた。

この配置を支えたのは阿部と金崎だ。大外に人を配置すれば当然中央て楔のパスを受ける選手はいなくなる。そんな時に、この二人が仙台が作った空いたスペースに大外から降りてきて受けて起点になる。最終ラインで左右に振り続け、どちらに振っても阿部か金崎と言う楔が打ち込まれる選手が攻撃を噛み合わせに降りてくる。守備戦術に鉄の意志を持つようなチームでないと楔を打たれる事を警戒しながら引いてずっと守るなんて事は難しい。

前半ではアピアタウィアが名古屋の降りて受ける選手が気になったことでポジション取りが甘くなりマテウスがその裏を突くシーンも複数回見られた。

後手に回らせた名古屋

仙台から見ると、名古屋に対応されたことで試合の流れが悪くなった。すると前からプレスをかけ始め何とか自分達の時間帯にしようとする。名古屋が前からのプレスを剥がせる事もあったが、仙台としては急な守備意識の変化でボールホルダーに複数枚でプレスに行き名古屋の中盤の選手がフリーになっていたり、少しづつチームが整理がされなくなっていった。現地で木山監督が「ボールばっかり見ない!横を見る!」と言っていたのが印象的だった。

得点シーンも前半なら2対3でクロスも突破も難しい場面だったが、相馬とオジェソクが2対2に持ち込めた。名古屋はマリノス戦と川崎戦でやられた「相手を後手に回す」ということを得点シーンにおいては出来た結果だと思う。

ただ、相手の対策の手札の枚数と質に助けられた所もあり、逆に名古屋は選手の個の力という手札が強かったのも大きかった。

疲労と連勤と…

中二日の呪いがもろに出た試合でした。単純な裏へのパスやサイドへの展開。長いフィード。ある程度ルーズになってもいいプレイの場面ですらそれを越えるミス。失点につながる可能性があったミスも見受けられました。それに反応して出る会場からのため息。

今日の試合、金崎が観客に向けて応援を煽るシーンがありましたが、選手はこんな気持ちなのかもしれません「これだけきつい中でやってるんや。ため息付くなら後押ししてくれ」と。

インサイドグランパスが読める方は相馬と稲垣の試合後インタビューを一度読んで見て欲しい。最早コメントが「やりがい搾取で働かされている会社員」のようなコメントだ。選手の起用法が変わらないのは理解したのでせめて彼らにツキが回って来るように願っている。

良かった所

  • 中二日で勝ち星を取れたこと
  • 新しい応援スタイルの解禁

心配な所

  • 残り二分で呼びだされたが交代を取りやめにさせられたシミッチ、石田、藤井の3人の気持ち(あそこまで準備させて取りやめる必要はあったのか?)
  • 毎節お馴染み「疲労」
  • 後半途中から明らかに全選手、ポジション取りの為に動き直す力がなかった。

さいごに

正直振り返るのがものすごく難しい試合でした。

疲労がたまっていたり、本調子じゃないと「本調子じゃないからしょうがない。疲労でまともにプレーできなかったからしょうがない」が発生してしまい、試合を振り返りづらいので、次の鹿島戦までゆっくり休んで欲しいですね。

よろしければシェアしてください

ads

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE