グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

写真で振り返る2021年J1第3節柏レイソルvs名古屋グランパス #reysol #grampus

薄氷ながら、勝利を収めた試合。この試合を月光ながらさん @gekko_nagara の写真で振り返ろう。

三協フロンテア柏スタジアム。昔に比べるとだいぶキレイになった。
選手入場。ミッチのこの色のユニは新鮮だ。
だいぶチームとしてまとまってきた感がある。
丸山祐市の左膝は、もうすっかり良い状態のようだ。美しいキックフォーム。
注目選手だった呉屋大翔を、中谷進之介が完封する
試合を通じて余りピンチのなかったミッチ。
セレッソ時代よりもタスクは多くなっているはずだが、柿谷曜一朗に笑顔が見えた。
相馬勇紀は対面の川口尚紀を攻守に抑え込んでいた
米本拓司は守備だけでなく、良いパスを何本も通していた。
左サイドを蹂躙する相馬勇紀。スカウティングされているはずだが止められない。
驚きになったのがイッペイ・シノヅカ。なぜここまで出場機会に恵まれなかったのか。
稲垣祥がイッペイ・シノヅカにしっかりと身体をいれる
初出場になる阿部浩之だが、この日の役割は影働きだった。
この重心の低いターンが出てくると、柿谷曜一朗の調子が上がっている証拠。
隙を見て中谷進之介もドリブルをしかける
丸山祐市のハイボール処理は完璧。
阿部浩之のこの走りをゴール方向にさせてあげたい。
身長差があってもマテウスの身体の強さがわかる。
マテウスの身体のすごさがわかる写真。胸板が信じられないくらい厚い。
木本恭生と稲垣祥のコンビで挟んで防ぐ。木本恭生のコンディションも上がってきているようだ。
前線にはクリアボールしか届かない状況だったが、山﨑凌吾がしっかりと身体を張って、相手に自由を与えない。
唯一ヒヤリとした江坂任のシュートシーンも、丸山祐市がしっかりと身体を張っている。
さすが柏レイソルと思わせるのが、細谷真大という才能をここで投入できるところだ。
1年ぶりにフル出場した宮原和也。そのガッツポーズには、様々な想いを感じさせられる。
余り評価のされない汚れ仕事をやりきった漢。
この日のヒーローに拍手を!

 

よろしければシェアしてください

ads

About The Author

グラぽ編集長
大手コンピューターメーカーの人事部で人財育成に携わり、スピンアウト後は動態解析などの測定技術系やWebサイト構築などを主として担当する。またかつての縁で通信会社やWebメディアなどで講師として登壇することもあり。
名古屋グランパスとはJリーグ開幕前のナビスコカップからの縁。サッカーは地元市民リーグ、フットサルは地元チームで25年ほどプレーをしている。

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE