グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

確かに名古屋には魔法使いがいた シャビエルトリビュート2 #GX10 #GX44 #grampus

グラぽをご覧のみなさん、はじめまして、「たな」と申します。

今回、シャビエル退団報道を受けて、悩みましたがグラぽ先生にお願いしてメッセージ原稿を書かせていただくことになりました。

いや、初めてですよこんな機会。

初めてのよくわからん人間の提案を快く受け入れてくださったグラぽ先生、改めてありがとうございます。

会社の人(グラぽ見てる上司含む)にバレているアカウントでやるもんじゃないですよね。笑

が、ファミリーにとって特別な選手。

自分にとっても特別な選手です。

やらずに後悔よりやって反省、ということでPCに向かいます。

ほかの皆さんのように感動させられるものにはならないかもしれませんが、つらつらと自分の気持ちを書きたいと思います。

駄文ではございますが、よろしければお付き合いください。

「たな」って誰だよ

と言ってもまずは軽く自己紹介から。

そこまでTwitterで絡むことも多くないうえに出没することも少ない、さらにスク水やマッシモTも着てなければYouTuberでもない、アルパカでもなくLJKでもなく稲穂も持っていないうえにスペースにも参加しないので界隈では認知されていないマイナーキャラです。

(みなさんいつも楽しく拝見させていただいております。)

幼稚園のころから、三十路の今もサッカーを続けているただのサッカーバカ。

ポジションはGK>SB=SMF≧CMFとお前のポジションどこだよっというスーパー便利屋さん。

幼稚園〜小学生相手に指導もしたりしています。

しかし最近はコロナや引っ越しもありなかなかプレーする機会も少なく、久しぶりに行った個サル(はじめての場所)では両足つるという愚行をやらかすほど。。。

小学生のころからグランパスが好きで、少しずつハマっていき、2009〜2010年あたりで完全にサポーターとなりました。

グランパス箱推しですが、特に好きになる選手はやはりGKが多く、楢さん、神ッチ、たけちん。

学生時代、楢崎正剛のプレーをどれだけ真似しようとしたか。

初めて買ったユニフォームはお小遣いでレプリカの楢さん。

10番が壊滅的に似合わない自分は練習でも使いたいため最近のユニフォームは楢さんの600試合の記念ユニかミッチの22か成瀬の26←おい

ユニフォームたち
ユニフォームたち

仕事柄現地に行けない日も多く、家で試合を見る日々…(DAZNさんマジでありがとう。)

あまりサッカーが好きでなかった彼女(今の妻)の前で現地に行けない試合日には必ずDAZNでリアルタイム、ないし情報シャットアウトしてフルタイムで見るという奇行を繰り返したおかげで、無事グラサポ化することに成功。

裁縫が得意な妻が結婚式のためグランパスくんを正装、グランパコちゃんにウェディングドレスを着せるという神業をしてもらい歓喜した経験を持つ男です。

奥様制作のウェディングドレス
奥様制作のウェディングドレス

GX44に魅せられて

そんな自分がシャビエルのプレーを初めてこの目で見たのは2017年、瑞穂のゴール裏でした。

もちろん加入後のプレーは見てましたよ?

なんだこの選手!!ってなってましたし、なんならシャビエル目当てで試合に行きましたとも、ええ。

ん、誰と行ったかって?

1人ですがなにか?←

試合が始まると…いや、やっぱすげーぞシャビエル。

完全にレベチ。

J2のプレーヤーじゃねーよと福岡に同情したのを覚えています。笑

そんな中自分のこの試合1番の衝撃的シーンはみなさんも覚えているでしょう、61分の青木のゴールにつながる秋山へのヒールパス。

現地では恥ずかしながら理解できていませんでした。

ハイライトで理解するという…。

(帰ってからも、何度見直したか…。)

一個ずらしてからヒールとか、マークしていた冨安がかわいそうと思うレベルでしたね。

なるほど、魔法使いだと理解しました。

そして逆転勝ちで最高のゴール裏、喉がガラガラの中、私がすでに彼の虜になっているにもかかわらず、あの魔法使いはさらに追い討ちをかけてきたのです。

試合後ゴール裏にあいさつに来たとき、彼に向かって「シャビエーーーールッ!!!」と叫びながら👍したところ……、なんと彼から👍を返していただきました!!!

そんなこんなでシャビエルにぞっこんとなった私。

フィールドの選手としては1番追うようになりました。

見れば見るだけシャビエル沼にハマり、他チームのサポーターや周りの人に自慢する日々を過ごしていました。

GX10に魅せられて

なかなか現地に行けない中、2018年の瑞穂での最終節へ。

瑞穂のあの空気、最高に叫んだしシャビエルのあの笑顔が見えたのでよかったですがもう経験したくない。。。

(櫛引オーレは語り継がれるべき。)

話が外れましたが、妻を連れて参戦した2019年の川崎戦でまたまた衝撃を受けます。

前半17分のジェジエウをかわしたルーレット。

いや、ファーストタッチがルーレットて…。

どんな選手やねんと、改めて感動しました。

この時はちゃんと現地で何が起きたか理解しましたよ笑

やはり彼がボールを持つとなにかが起こる、次は何をしてくれるのだろうとワクワクする選手でした。

夢と希望のヤッヒーから現実と実績のフィッカちゃんへ

2019年途中からマッシモ・フィッカデンティが監督になりました。

あの成績ではしょうがないとは思いましたが…非常に不安を覚えました。

(シャビエルのプレー、たぶんフィッカデンティ的には好きではないよな…)

不安は的中しました。

就任後スタメン外されることも多く、守りたいマッシモサッカーにロマン枠はなかなか絡むことが出来ず…。

シャビエルとしてもここが名古屋でのターニングポイントだったでしょう。

そして2020シーズンは阿部浩之の獲得。

いや、阿部ちゃんはいいプレーヤーだし好きよ?

好きだけど、やっぱか…と思いました。

新型コロナウイルス蔓延により色々ありましたが、開幕戦となったルヴァン鹿島戦ではベンチスタート後半途中にイン。

J開幕戦はベンチスタート引き分けなのに交代を残し出場なし。

さらにジョーの退団。

シーズン途中でサヨナラも大いにあり得ると思っていました。

だってあれだけのプレーヤーだよ?

引くて数多でしょ。と。

前半戦は特にベンチスタートが多く怪我もありました…。

それでも結果をだしてスタメンに舞い戻り、お子様の誕生を祝うあのボレーシュート。

鳥肌だったなぁ…。

そんな活躍を見たからこそ、オファーは絶対あっただろう2020年シーズン終了後も正直ビビってました。

名古屋の漢、ガブリエル・シャビエル

が、彼は残ってくれました。

名古屋ではスタメンとベンチをぐるぐるしていましたが他のチームなら毎試合スタメンで出ることができるであろう選手なのにグランパスにいることを選んでくれました。

コロナで大変なのに日本に残ってくれました。

これだけでどれだけ嬉しかったか…。

やはり今シーズンもなかなか思うように出場機会に恵まれず、しかし局面局面では高い技術を見せてくれました。

そしてファミリーにとっても11年ぶり、シャビエルにとって名古屋で初めてのタイトル獲得。

彼が決勝でプレーをすることはありませんでしたが、準決勝ホームで木本のゴールになったFKを蹴ったのもシャビエルでした。

短い時間でもチームのために戦う彼とともにタイトルをとれたこと、誇りに思います。

今シーズンも泣いても笑ってもあと1試合。

声援は送れませんが、彼に今できる最高のお見送りを豊田スタジアムでしたいものです。

(つまりは彼のゴールで勝ちたい。)

「シャビエルのために」と、チーム・ファミリーが一丸となり笑ってお別れしましょう!

(ファン感謝デーには参加しないとリリースがありましたので、12/4が本当に最後ですね…)

最後に

5シーズンに渡り活躍し、こんなにもファミリーに愛された外国人選手はなかなかいません。

グランパスもそれを分かっているからこその最終節前の退団発表でしょう。

(ここで玉ちゃんの話はなし。)

スーパープレーで敵味方問わず魅了し、文句を言ったりオーバーリアクションしたりと人間味の溢れる彼をピクシーと重ねたファミリーも多かったことでしょう。

むしろピクシーの現役を知らない、見てない人にとっては、彼はピクシーと同じような存在かと思います。

人を惹きつける選手、ガブリエル・シャビエル。

グランパスを救った魔法使い。

グランパスの歴史から、グランパスに関わる人の記憶からあなたが忘れられることはないでしょう。

彼の今後の活躍を祈っています。

そして、また会いましょう。

Obrigado, Gabriel Xavier

Ver você de novo

よろしければシェアしてください

ads

About The Author

たな
30代突入♂。自称グランパスファミリー無言フォロー大歓迎 ゴール裏そろそろ復活したい
Follow :

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE