グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

「流れ」良くなる兆しアリ #忍者と記者の二人事 #喋る忍者 #やわらかめコラム

忍者「どうも忍者です」

忍者

記者「どうも記者です」

記者

忍「勝ったでござるな」

記「1-0の接戦でした」

忍「データ的には接戦、劣勢だったと言えるかもしれない」

引用元 https://www.sofascore.com/team/football/nagoya-grampus-eight/3136

記「こうして見ると攻め込まれている時間が長かったんですね」

忍「それでも相手にビッグチャンスはほとんど作らせていなかった」

記「攻められてはいたが、やられてはいなかったと」

忍「やられかけてはいた。『清武のシュートがミッチ正面』とか『クロスを空振りしなかったら失点してた』局面はあったし」

記「それはどう解釈すれば?」

忍「運と実力両方だろう」

記「両方ですか」

忍「順番に言うと、まず清武のシュートがミッチ正面。これは清武の技術の問題とも言えるが、グランパス目線では単に運が良かった」

記「ここ最近の運の悪さが嘘みたいでした」

忍「そのとおり。京都戦の失点、ゴール取り消し等々、そりゃないよって言いたくなる運の悪さがここでチャラになったのではないか」

記「シーズントータルで見たら運の良し悪し、判定の得・損はだいたい±0に近づきますしね」

忍「次に『クロス空振り』のところだ」

記「後半立ち上がりですね」

忍「セレッソの修正だな。北野が入って露骨にレオ・シルバの横や後ろのスペースを狙ってきた」

記「後半立ち上がり一発目の攻撃でしたね。キム・ジンヒョンからの低くて早いゴールキックがレオ・シルバの背後にいた北野にスパーンと通っちゃって、そこからの展開で『クロス空振り』に繋がりました」

忍「ダイジェストでスロー映像を絶対に見て欲しいのだが、ミッチがギリギリのところで手に当ててクロスのコースをちょっとだけ変えてるんだ」

(公式Youtubeより。そのシーンのスロー映像は3分58秒頃から)

記「なるほど。ではこれは運ではなく実力ですか」

忍「神は細部に宿るってこういうところだろう」

記「ミッチの実力で防いだ局面でした」

忍「そんなこんなで60分ごろまで北野中心にセレッソの攻勢が続いたが、運と実力でなんとか無失点で耐えた」

記「そこが勝敗の分岐点だったんでしょうか」

忍「拙者はそう考えるでござるよニンニン」

記「他に目立った点はどうでしょう」

忍「惜しくも2回オフサイド・ゴール取り消しになったけど、あれは良かったな」

記「どう良かったんでしょうか」

忍「『少ない手数で相手DFラインの裏を取る』ができていたでござる」

記「1回目は丸山から相馬、相馬ダイレクトで酒井、走り込んだ酒井もダイレクトでクロスとの展開でした」

忍「こういうのを練習してるんだろうな、という形だった」

記「2回目はクリアボールが石田へ、でしたっけ」

忍「あれはクリアボールじゃなくて完全に狙ったロングボールだろう」

記「相手を引きつけて石田へロングパスって形は他にもありましたね」

忍「速攻できない→ボール保持→ボールを後ろに戻して相手を引きつける→ロングパスで石田裏抜け狙いっていうのがあった。この形って要するに『疑似カウンター』なんだよな」

記「片野坂・大分の必殺技でしたね」

忍「いいときの片野坂・大分に比べたらまだまだだけど、明らかに狙った・攻撃意図の感じられるロングパスが目立ったと思う」

記「とりあえず蹴り飛ばしとけ! とは違うと」

忍「ロングパスって、出し手の意図と精度と、受け手のスピードが揃っていれば立派な攻撃戦術なんだよな」

記「長谷川健太監督的には、FC東京時代の永井謙佑みたいな役割を石田に求めていたんでしょうか」

忍「そういうことなんだろう。石田はけっこうスピードあるし、似たような展開でこれから出番を増やすかもしれない」

記「ユース卒だし応援したいですね」

忍「そうだな。あとは柿谷やムー(・Θ・)の逆襲にも期待したい」

記「個人的にはカストロも良かったような」

忍「最近の課題の、右サイドに開いてボールを受けてロストする形が、この試合では0回だったんじゃないか?」

記「カストロが真ん中で頑張ってくれたら助かりますね」

忍「現状ではカストロに頑張ってもらわないといけないでござる」

この試合の良かったところ

  • 守備のポイントが前と比べ明らかに整備されていた
  • シーズンずーっとやってきた『少ない手数で裏抜け狙い』が形になってきた
  • とうとう攻守の中心になりつつある仙頭
  • 天使の顔したレオ・シルバ
  • 守備『で』輝いてた相馬
  • ミッチの指先に感謝

この試合の(´ε`;)ウーン…

  • 観客数が少ない! 戦績的に仕方ないかもだけど、この試合は見る価値ありましたよ
  • 悪魔の顔したレオ・シルバ(レオに頼り過ぎ)

最後に

記「この試合ができるなら今後に期待できそうです」

忍「今シーズンのセレッソはちょっと不安定だってこともあるだろうが、現在の首位・鹿島に良い試合をして引き分けてるんだから、『グランパスはこれくらいできる』と言って良いだろう」

記「それも勝ったからこそ言えるわけですね」

忍「勝ってなくても言えるんだが、勝ってないときにそう言うと怒られるのだ………」

記「お、おあとがよろしいようで」

忍「それではまた次の記事でお会いしましょうニンニン」

よろしければシェアしてください

ads

About The Author

ラグ
愛知産まれ名古屋在住の、趣味グランパス応援その他、本業はサラリーマンです。人からは感情的な呟きと文章のロマンチストと言われます。クロスバイク(TREK 7.4FX)でうろうろする自転車乗り。お酒大好き。痩せたい。
Follow :

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE