グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

ちょっとの不足と、積み上げた勝点39 #やわらかめコラム #grampus

忍者「どうも忍者です」

忍者

記者「どうも記者です」

記者

忍「引き分けでござった」

記「なかなか勝ちきれないですね」

忍「優勝争いのチームと中位争いのチームとの違いを見せつけられた感じで」

記「(´・ω・`)」

忍「卑下する必要はないがちょっぴり残念な試合運びでもあった」

記「順番に見ていきましょう」

忍「まず広島、グランパスの守備をどう突破したいのかよくわからなかった」

記「グランパスが5-3-2で構えているので、3のところをどう動かして空けさせるか、がポイントになりますよね」

忍「そのとおり。そしてよくわからなかった」

記「以前の対戦では、広島の森島司が受ける位置を工夫したり斜めの動き出しをしたりしていましたが……」

忍「この試合では森島はそういう意味ではあまり動かなかった」

記「そしてグランパス守備陣に引っかかる、と……」

忍「一方、中の森島がダメならサイドから、となるわけでござるが」

記「満田、柏という広島のストロングポイントですね」

忍「ところが、相馬、森下が単純に勝っていたのかなんなのか、広島の両サイドからはあまり危険な状況にならなかったでござる」

記「うーん、広島の攻撃については、先方の事前準備がハマらなかった?」

忍「こちらの守備が単に相手の想定以上だったかもしれない。それはわからぬ」

記「そんなこんなで無失点でした」

忍「となると、あとはグランパス攻撃陣の出来勝負、となり」

記「決定機は作ったものの仕留めそこないました」

忍「これまた、広島の大迫の出来が良かったと言えばそれまででござる」

記「特に相馬が対面の広島・満田の裏を取りまくっていたので、相馬から良い状況になることも多かったのですがねえ」

忍「最後のクロスの精度がな……結果論でござるけど」

忍「相馬以外はどうだったでしょうか」

忍「右サイドの森下・永木ユニットはこの試合でも猛威を振るっていた」

記「永木のポジショニングと強度は素晴らしかったですね」

忍「それなのにどうして無得点だったのか? 考え方は色々あるが、忍者個人としては、この試合では『グランパス攻撃陣が上手くはなかった』かなーと」

記「(´・ω・`)」

忍「『上手くない』と言っても色々ござるけど、あとほんのちょっとのボールコントロール、パスの受け方、シュートの打ち方。そんな基本部分がこの試合のグランパスの選手にほんのちょっぴり足りていなかったなー、と」

この試合の良かったところ

  • コンディションさえよければ頼れるオジサン永木
  • ほぼ相手を完封しきった守備陣(チアゴナイスー)
  • 積み上げた勝点39
  • ハードワーカー内田

この試合の(´ε`;)ウーン…

  • 誰が点を取る設計なのかよくわからん攻撃
  • 総じて精度に欠けていたシュートの数々

最後に

記「勝点0も有り得ると思われた上位3連戦。2試合で勝点2です」

忍「順位が上の相手に対して、ホームだから勝ってほしいけど、勝点2は上等な結果と言えよう」

記「次のマリノス戦も頑張って欲しいですね」

忍「間違いなく今年のJリーグでは最強の攻撃力のチームだけに、どうなることやら」

記「でも、そんな時に限ってサクッとカウンターが決まったりするのもサッカー」

忍「うむ。まずは我々ファン・サポーターも、次の試合に向かって英気を養おうではないか」

記「おあとがよろしいようで」

忍「それではまた次の記事でお会いいたしましょうニンニン」

よろしければシェアしてください

ads

About The Author

ラグ
愛知産まれ名古屋在住の、趣味グランパス応援その他、本業はサラリーマンです。人からは感情的な呟きと文章のロマンチストと言われます。クロスバイク(TREK 7.4FX)でうろうろする自転車乗り。お酒大好き。痩せたい。
Follow :

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE