グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

2022年J1リーグ第34節 セレッソ大阪戦マッチプレビュー #grampus #cerezo

はじめに

本日はJ1リーグの最終節、セレッソ大阪とのアウェイゲームです。

セレッソ大阪は4位につけている強敵ですが、名古屋グランパスの長谷川監督は

「前節良かった部分を明日も継続しながら、どうやってゴール前で迫力を出していくのかをチーム全体で考えながら闘っていきたい。最終節で勝って1つでも順位を上げて、次につながるようなゲームをしていきたいと思っています」

と前日監督会見でコメントしています。前節で中谷、藤井のポジションを入れ替えたように、新しい試みを今節も観ることができるかもしれません。

この試合をプレビューします。

両チームの予想布陣

両チームの負傷者の情報等を踏まえて先発を予想しました。

セレッソ大阪・名古屋グランパスの予想スターティングメンバー
セレッソ大阪・名古屋グランパスの予想スターティングメンバー

①セレッソ大阪

セレッソ大阪は前節と同じく4-4-2と予想。前節も負けてはいないため、先発出場する選手の入れ替えは少ないと考えました。

  • GK:キムジンヒョンと予想します。
  • DF:ヨニッチと鳥海のCBコンビ、右SBに松田陸、左SBに舩木と予想します。(山中は負傷で手術・欠場の見込み)
  • MF:奥埜、鈴木のDHコンビ、右SHに毎熊、左SHに為田と予想します。
  • FW:上門とアダムタガートの2トップと予想します。

②名古屋グランパス

名古屋は今節も3バックを継続し、3-1-4-2の布陣と予想しました。

  • GK:ランゲラックと予想。
  • DF:CBは前節と同じく右から藤井、中谷、丸山と予想。前節と同じく中谷を中央に据え、藤井を右CBとして配置しボール奪取後の推進力を生かす試みを継続すると考えました。
  • MF:アンカーに稲垣祥、右IHに永木、左IHに酒井、左WBに相馬、右WBに森下と予想します。
  • FW:マテウスカストロとレオナルドの2トップと予想。最近の試合では永井が先発ですが、チャンスを与えたい選手がいると監督会見でコメントしていましたので、先発をレオナルド、後半途中から永井の起用を新たに試みるのでは、と考えました。

名古屋グランパスの勝ち筋

①セットプレーの守備

今シーズンのセレッソ大阪は、昨シーズンと比べてボール保持よりロングカウンターとセットプレーによる攻撃が鋭さを増しています。

CBコンビも長身ですし、セットプレーは高精度のパスを供給する鈴木徳真や清武などが控えています。

名古屋としては失点のリスクを抑えるため、まず被セットプレーを出来るだけ少なくする必要があります。リスクマネジメントとして自陣ゴール付近でのファウル、CKをどれだけ抑えられるか。要注目です。

②両サイドからのクロスで得点チャンスを狙う

空中戦勝率も低くないセレッソ大阪のCBコンビですが、失点パターンの40%近くがクロスからの失点です。

クロスに弱いイメージは無かったのですが、何試合か見直してみると確かに遠いサイドにクロスを入れられるとボールウォッチャーになり相手選手をフリーにしてしまう傾向があるように見えました。

とはいえ、単純な空中戦では名古屋のFW陣は分が悪いと思われ、名古屋の長所であるサイドアタックから低く速いクロスの方が有効でしょう。得点を期待したいですね。

おわりに

今節で今シーズンのJ1リーグは終了し、日本代表に選ばれた選手たちはワールドカップに向け活動していきますが、名古屋グランパスからも日本代表選手が1名選出されました。

試合後に相馬勇紀を拍手で本大会に送り出せるような試合を期待したいですね。

良い試合になりますように。

よろしければシェアしてください

ads

About The Author

ダンコバ
愛知県春日井市出身、静岡県浜松市在住のアラフォー会社員。 職場ではジュビロ磐田、清水エスパルス、FC岐阜のサポーターに囲まれつつ、名古屋グランパスのサポーターをしています。 他の趣味は自転車、トライアスロン、ゴルフ。
Follow :

Leave A Reply

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE