グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

ダニルソン全体練習に復帰

明治安田生命J1リーグ第2節甲府戦で負傷退場したダニルソン選手が2015年3月20日の練習で全体練習に復帰したことを、複数のソースが報じています。

たとえばグランパスウォッチャーではノヴァコビッチ選手の記事の中で、ノヴァコビッチ選手とダニルソン選手がコンビで練習を繰り返した、ということが報じられています。

名古屋のセットプレーはレアンドロ・ドミンゲス選手がほとんど蹴っていて、いないときは田口泰士選手が蹴るのが通常でした。

今年になって変わったのは、長い距離で直接狙うボールは右はノヴァコビッチ選手、左はダニルソン選手が蹴っています。普段のプレーからのミドルも格段に向上してきており、以前のような力任せのシュートではなくなってきているのも特徴です。今季も2回ほどフリーキックを蹴っていますが、1本は枠内でキーパーキャッチ、1本はわずかにバーの上、と精度が上がっています。

ダニルソン選手といえば、これまでは守備というイメージでしたが、これからは攻撃でもグランパスにとって大きな武器になりそうですね。

ads

About The Author

グラぽ編集長
大手コンピューターメーカーの人事部で人財育成に携わり、スピンアウト後は動態解析などの測定技術系やWebサイト構築などを主として担当する。またかつての縁で通信会社やWebメディアなどで講師として登壇することもあり。
名古屋グランパスとはJリーグ開幕前のナビスコカップからの縁。サッカーは地元市民リーグ、フットサルは地元チームで25年ほどプレーをしている。

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)