グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

[グラぽマッチプレビュー] 2015年明治安田生命J1リーグ1stステージ第3節鹿島アントラーズ戦マッチプレビュー

明日2015年3月22日、瑞穂競技場にて明治安田生命J1リーグ第3節鹿島アントラーズ戦が開催されます。

アントラーズはリーグ戦2試合、ACLでも3試合勝ちがなく、難しい状態になっています。さらに小笠原満男選手が怪我で1ヶ月の離脱となっており、こういうピンチでは結束を強めてくるものと思われます。

金崎夢生が躍動

これまでの試合、残念ながら1得点に終わっていますが金崎夢生選手が鹿島の攻撃に良いアクセントを加えています。
金崎夢生選手といえば強引とも言える突破が売り物です。左サイドでの先発が予想されており、対面するMFはダニルソン選手が復帰すれば矢田旭選手、しなければ小屋松知哉選手が起用されることが予想されています。
しかし西野監督は相手の強さがサイド攻撃となったときに、「自分たちのサッカー」に固執するタイプでしょうか?
ヤマザキナビスコカップ第1節で、川崎フロンターレのサイド攻撃を抑えるために4-1-4-1の布陣を引いた西野監督ですので、金崎夢生選手とカイオ選手、遠藤康選手のサイドを封じるために、何か手を打ってくる可能性があります。

4-1-4-1の継続もあり得る

川崎フロンターレ戦の前半こそ押し込まれた4-1-4-1の布陣ですが、前半20分過ぎからはノヴァコビッチ選手が入るまでしっかりと機能をしていました。
奇しくも今日は川崎フロンターレ戦と同じ非公開練習を行っており、その狙いは鹿島対策ということになると思います。

川崎フロンターレ戦の後に西野監督は現実路線で行くことを明言しており、リーグ戦初勝利のためにまた対策を打ってくることは間違いないと思われます。

西野監督の対策がどんなものなのか、皆さんも想像してみませんか?

ads

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)