グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

[マッチプレビュー] 2015年1stステージ第14節 西野監督が本気になった、けど。

本日2015年5月30日、午後2時より明治安田生命J1リーグ1stステージ第14節、モンテディオ山形戦が開催されます。

今日のゲーム、自分的には大注目の試合となっています。ここまで4試合でオウンゴール1得点のみ、という状況に業を煮やして、西野監督がシーズン中としては珍しく陣頭指揮を取って指導を行ったということです。特に縦に速い攻撃を自分でパス出しをしながら指示をした、というのはシーズン中ではなかなか珍しいことと思われます。選手のあいだからは、「どう動いたらいいのかわからなかった(磯村)」などの声が上がってきたり、戦術理解度の低い選手にはなかなかつらいのが今迄の西野サッカーでした。ただ、気になるのが2点。

1)ノヴァコビッチと川又の共存

モンテディオ山形戦前日記者会見

こちらを見ていただくと、ノヴァコビッチ選手と川又堅碁選手の2トップの模様です。いままで1トップ2シャドーで、シャドーの川又堅碁選手はシャドーらしい動きがなかなか出来ていないのが現状でした。そこで2トップと割り切るのは悪いプランではないと感じています。

ただここまでも試合中に見ていただいたように、ノヴァコビッチ選手と川又堅碁選手は「使いたいスペース」が近すぎる傾向があります。そこの解決が出来ているのかが気になります。

2)永井の動き方

西野監督はどうやら、永井にもっと中に入ってきて欲しいようです(前日記者会見参照)。ところが赤鯱新報などのインタビューを見ると永井選手は外にいることで、そこのスペースを使って欲しいようです。その思惑の差がチームとしての動きに影響しないかどうかが気になります。

今日試合を見られる方は、是非この2点に気をつけてみていただければと思います。

ads

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)