グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

湘南ベルマーレからフィジコ菊池忍さんを招聘か

2015年12月13日付け中日スポーツ/Grampus Watcherによると、小倉全権監督の組閣でまだ埋まっていなかったフィジカルコーチに、昨年度湘南ベルマーレのフィジカルコーチを務めた菊池忍さんを招聘することが報じられています。

2015_kikuchi

湘南公式サイトより、菊池忍さん近影

菊池さんはプロの指導者としてのキャリアを名古屋グランパスのトレーナーとしてはじめています。

  • 国体静岡県少年チーム
  • 1996年 名古屋グランパスエイト ユーストレーナー
  • 1999年 名古屋グランパスエイト サテライトトレーナー
  • 2000年 名古屋グランパスエイト トップチームアシスタントフィジカルコーチ
  • 2002年 名古屋グランパスエイト トップチームフィジカルコーチ
  • 2003年 ジュビロ磐田 ユースフィジカルコーチ
  • 2004年 ジュビロ磐田 サテライトフィジカルコーチ
  • 2005年 サガン鳥栖 トップチームフィジカルコーチ
  • 2007年 ジュビロ磐田 育成センターフィジカル担当
  • 2010年 サガン鳥栖 トップチームフィジカルコーチ
  • 2014年 カマタマーレ讃岐 U-15コーチ
  • 2015年  湘南ベルマーレ:フィジカルコーチ

2002年にはトップチームのフィジカルコーチも務めた経験があり、正確には復帰となります。2002年は、というとベルデニック監督のもとで前半がとても良い成績だったのですが後半13位と低迷した年です。翌年上田滋夢さんがGMとなると、スタッフから外されてしまいました。その後のキャリアも案外転々としているところも気になります。

記事としてはあたかも湘南の走力は菊池さんが作り上げたかのように語られていますが、実際には菊池さんの就任よりも前から高い走力を誇るチームであり、もしありえるとしたらその湘南のトレーニングメソッドを身につけている可能性はありますが、それ以上ではありません。湘南ではただ1年の仕事をしただけです。

とはいえ、ある程度経験を積んだフィジカルコーチを獲得することはとてもむずかしいことです。まずは素直にフィジカルコーチの組閣ができたことを喜ぶべきなのかもしれません。

あと残るはGKコーチですね。

 

ads

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. むしろ鳥栖時代に尹晶煥監督のハードなトレーニングを支えたコーチだよね

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)