グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

2016年1stステージ第04節ベガルタ仙台戦先発予想

2016年3月19日14:00より、パロマ瑞穂スタジアム(瑞穂陸上競技場)にて2016年1st第4節、ベガルタ仙台戦が開催されます。その試合の先発を予想します。

名古屋グランパス:4-5-1

スタメン予想

  • GK楢崎正剛
  • DF矢野貴章 オーマン 竹内彬 安田理大
  • MF田口泰士 イ・スンヒ 古林将太 矢田旭 永井謙佑
  • FW松田力
  • リザーブ GK武田洋平 DF大武峻 MF磯村亮太 明神智和 和泉竜司 FWシモヴィッチ 野田隆之介

ベガルタ仙台戦先発予想

怪我人・出場停止・イエロー累積

  • 怪我人:田口泰士(足首捻挫:強行出場の見込み)、川又堅碁(足首捻挫)、杉森考起(ハムストリング痛)、小川佳純(全体練習合流済)、青木亮太(右膝:リハビリ中)、シモヴィッチ(ハムストリング違和感)
  • 出場停止:なし
  • イエローカードリーチ:オーマン(2枚)、イ・スンヒ(2枚)

今節の見どころ

  1. FWはシモヴィッチ選手が強行出場するのか?それとも誰かが代理出場するのか?松田力選手と野田隆之介選手が候補になります
  2. サイドハーフが下がりすぎて、ブロックが作れなかった川崎フロンターレ戦の反省は活かされているのか
  3. トップ下のポジションは誰が勝ち取るのか?シモヴィッチ選手が強行出場すれば松田力選手、松田力選手がFWで出場すれば矢田旭選手と野田隆之介選手が候補になります。

小倉監督は赤鯱新報の今日のインタビュー(※有料記事)で、シモヴィッチの代役としての川又堅碁選手について以下のように述べています。

まあ、たぶん大丈夫だろうけど、FWはいるしね。無理させても。3月もそうだけど、4月もね。スケジュール的にもハードだし、ここで焦ってもというところで、無理はさせないです

おそらく、シモヴィッチ選手についても同じように考えているのではないか、と想像されます。

ベガルタ仙台:4-4-2

スタメン予想

  • GK関
  • DF大岩 平岡 渡部 石川直樹
  • MF金久保 富田 三田 梁勇基
  • FW奥埜 ウィルソン

怪我人・出場停止・イエロー累積

  • 怪我人:六反、菅沼
  • 出場停止:なし
  • イエローカードリーチ:なし

仙台対策のポイント

  1. 大岩、石川直樹というセンターバックもできるサイドバックの2人を使って作る4-4ブロックは昨年と較べてラインも高く、コンパクト。あの鹿島をパス成功率66%に落とし込んでいます。そこをどう崩すのか。ラインが高いということは、永井の裏抜け、松田力の裏抜けがカギになります。
  2. パスの出処は石川直樹(3.02)、梁勇基(2.74)のいる左サイド。右サイドの古林選手と矢野選手がそこをどう押さえ込めるかが守備上のポイントになります。(数値出典:http://www.football-lab.jp/send/)
  3. 鹿島戦のような関の大当たりを考えると、崩して点を取りたい。ゴール前で崩す形が作れるか。

明日の試合が楽しみですね。

ads

About The Author

グラぽ編集長
大手コンピューターメーカーの人事部で人財育成に携わり、スピンアウト後は動態解析などの測定技術系やWebサイト構築などを主として担当する。またかつての縁で通信会社やWebメディアなどで講師として登壇することもあり。
名古屋グランパスとはJリーグ開幕前のナビスコカップからの縁。サッカーは地元市民リーグ、フットサルは地元チームで25年ほどプレーをしている。

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)