グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

2016年1st第14節湘南ベルマーレ戦先発予想と見どころ

2016年1st第14節湘南ベルマーレ戦先発予想と見どころ

2016年5月29日18:00より、湘南BMWスタジアム(平塚陸上競技場)にて2016年1stステージ第14節湘南ベルマーレ戦が開催されます。その試合の先発を予想します。

名古屋グランパス:4-5-1(4-2-3-1/4-1-4-1)

スタメン予想

  • GK武田洋平
  • DF矢野貴章 大武峻 竹内彬 安田理大(高橋諒)
  • MF明神智和 田口泰士 イ・スンヒ 古林将太 野田隆之介
  • FWシモヴィッチ
  • リザーブ GK西村弘司  DF高橋諒(安田理大) MF小川佳純 矢田旭 磯村亮太 FW杉森考起 川又堅碁
湘南戦先発予想(4-2-3-1)
湘南戦先発予想(4-2-3-1)
4141
湘南戦先発予想(4-1-4-1)

怪我人・出場停止・イエロー累積

  • 怪我人:田鍋陵太(膝後十字靱帯断裂)、青木亮太(半月板損傷、膝前十字靱帯断裂)、明神智和(腸腰筋損傷)、楢崎正剛(右肘脱臼、復帰近し)、松田力(ハムストリング肉離れ)、和泉竜司(ハムストリング肉離れ)、永井謙佑(捻挫)
  • 出場停止:オーマン(1試合)
  • イエローカードリーチ:安田理大(2枚)、竹内彬(2枚)、矢野貴章(2枚)

今節の見どころ

  1. 永井謙佑を失って、誰がその穴を埋めるか。おそらく野田隆之介が鳥栖時代になれ親しんだ左サイドハーフを務めると思われるが、永井謙佑ナシでどれくらい機能するか。野田隆之介が収めることができれば良いが、
  2. 鹿島アントラーズ戦では、サイドの裏のスペースを存分に使われてしまった。同じように前線に5枚近くを配置する湘南ベルマーレ戦で、それに対する対処ができるか。その答えが4-1-4-1だろうと思われる。実際イ・スンヒが入った後、オーマンが負傷退場するまでの間は鹿島も決して楽なプレーはできていなかった。従来の4-4ブロックの隙間に1いれることにより、斜めから入るプレーヤーの対策をしているものと思われる。はたして流行の前線に大量のメンバーを入れるサッカーに対処できるか。

湘南ベルマーレ:3-4-3

スタメン予想

  • GK 村山智彦
  • DF 島村毅 アンドレ・バイーア 三竿雄斗
  • MF 藤田征也 石川俊輝 パウリーニョ(下田北斗) 菊池大介
  • FW 大竹洋平 高山薫 藤田祥史

怪我人・出場停止

  • 怪我人:菊池俊介
  • 出場停止:なし

湘南ベルマーレ対策のポイント

  1. 湘南ベルマーレといえば、縦に早い攻撃、素早い攻守の切り替え、積極的なプレッシングというのが誰しも共通見解として持っていると思われる。ヤマザキナビスコカップでの対戦時もボール保持者にプレッシングをかけていく。するとグランパスの選手は耐えかねて、精度の低いパスを出してしまう。するとそれを奪われてショートカウンターを食らうことになる。なかばトラウマになっている方もいるのではないか。そんなサッカーをしているベルマーレが、なぜ最下位に甘んじているのか。それは湘南のプレッシングのできる時間帯が限られており、実は攻撃のプレー精度が低くなったために逆にカウンターを食らっているということです。http://sr2460.hatenablog.com/entry/2016/04/13/233749 こちらを見ていただいてもわかるように、裏をつくプレーがどれくらいできるかです。単純な高さではアンドレバイーアが強いため、そう簡単にはいかないと思われます。
  2. サイドの菊池大介対策。菊池大介と三竿雄斗の絡む湘南右サイドは湘南の攻撃の生命線です。左サイドの守備が要になると思われるので、竹内と安田理大(高橋諒)のコンビネーションが鍵となりそうです。

鹿島との手痛い敗戦を経て、永井謙佑という湘南相手には効果的であろう香車を失ってどうなるか。連敗を避けたいこの試合、どうなりますか。最低限引き分けが必須となります。

試合が楽しみですね!

ads

About The Author

グラぽ編集長
大手コンピューターメーカーの人事部で人財育成に携わり、スピンアウト後は動態解析などの測定技術系やWebサイト構築などを主として担当する。またかつての縁で通信会社やWebメディアなどで講師として登壇することもあり。
名古屋グランパスとはJリーグ開幕前のナビスコカップからの縁。サッカーは地元市民リーグ、フットサルは地元チームで25年ほどプレーをしている。

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)