グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

2017年J2第3節千葉戦プレビュー

2017年J2第3節千葉戦プレビュー

岡山戦の快勝に浮かれていたのもつかの間、岐阜戦で苦戦を強いられ、短い1週間のなかで立て直しが迫られました。

赤鯱新報などを見ていても、今週はハイプレスのなかで、どうやってディフェンスラインからビルドアップをして行くのかの練習に注力がされていたようです。

当たり前ですがポゼッションサッカーであろうとカウンターサッカーであろうとも、攻撃の起点であるディフェンスからボールを出せなければ、素晴らしい攻撃陣も無駄になってしまいます。前回の岐阜戦では、センターハーフの2人と3バックに対して激しいプレッシャーがかかりました。風間さんがよく言う一対一での競り合いで負けるシーンが多く、ボールを危険な位置で奪われて何度もチャンスを作られてしまいました。

ここで有効な対策が取れなければ、より対策はエスカレートすることになるでしょう。

それだけに今節の最大の見所は、風間さんのハイプレス対策がどのように実装されたかです。

千葉もハイプレスハイラインのチームであり、まさにその実装を試すのに適したシチュエーションです。

第2の見所はメンバーがどう変わるかです。


今節は宮原がポジションをセンターハーフに上がる見込みで、右ストッパーを大武とワシントン、古林将太が争い、右ハーフが押谷、青木、杉森で、さらに3トップの一角を押谷と玉田が争うという状況のようです。

果たして、先発はどうなるのか。

答えは12:00頃の発表で、です。

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)