グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

2018年明治安田生命J1リーグ第29節FC東京戦レビュー 今の実力、これからの積み上げ

負けました! 東京さん強かったですね。事前に心配していたとおりカウンターからパーフェクトオールバックじゃない方の永井謙祐さんに決められ、本当に腹立たしい失点&敗戦でした。特に、攻撃面での敗因がいくつかあったと思います。振り返るのもうんざりするような嫌な負け試合でしたけど、次節に向かって振り返ってみましょう。

宮原の怪我と、右サイドの噛み合わなさ

前半早々に宮原和也が怪我でピッチを去り、代わりに和泉竜司が右サイドバックに入ったグランパス。右サイドは前田直輝と和泉の組み合わせになりました。

前田・宮原と比べて前田・和泉の連携は噛み合ってなかったですね。例えば、前田がカットインしようとする際、宮原がさりげなく大外で相手DFを引き付けたりしていたのに

前田・和泉だとお互いの使いたいスペースが被ってしまうのか、そういう連携はほぼ見られませんでした。

ただし不動の右サイドバック宮原と、加入後ほぼ右サイドでスタメン固定の前田と比べれば、緊急措置としての右サイドバック和泉が個人としても連携面でも見劣りしてしまうのは仕方ないでしょう。宮原の怪我、痛い。

1失点目は狙われていた形

東京のロングボール主体の攻撃はわかっていても厳しいもので、走らされたグランパスのDFラインは後半にはなかなか上がれなくなっていました。そこで、前からプレスに行くのを止めさせて自陣に撤退するのか、そんな状況でも頑張ってDFラインを上げるかしなければ、間延びした状態になってしまいます。実際に1失点目は間延びして空いたところを使われた形でした。

東京さんがGKの林までボールを戻したところで、ジョーと玉田はプレスをかけに行き、青木と前田も高めの位置取りをしています。結果、むしろ間延びしてしまい、GKから直接に危ないところへパスを通されてしまいました。その後の金井のミスはあってはならないものでしたが、こうも走らされては遅かれ早かれ失点していたでしょう。

悪かったボールの失い方

ボールの失い方にも良し悪しがあります。良いボールの失い方とは、相手がカウンターに移行できないような失い方です。例えばクリア→こちらのスローインであったり、すぐに再度ボールを奪い返せて、こちらの攻撃が継続するような失い方ですね。悪い失い方とは、相手がすぐに効果的なカウンターに移行できる失い方で、相手の狙い通りの守備を決められた場合か、こちらのミスによって発生しがちです。この試合のグランパスはミスによってボールを失い、即座に東京さんのロングボール・カウンター攻撃をされる状況が目立ちました。去年から今に至るまでの、典型的な『悪い時のグランパス』でした。

 

隠しようも無いネット不在の悪影響

 

東京さんの4-4-2は堅牢でした。4-4-2守備の基本である『相手(この場合グランパス)を外側へ押し出し、外でボールを刈り取る守備』にグランパスはやられてしまいました。

グランパスがサイドでボール交換している姿が目につきましたけど、自分たちのリズムでボールを保持していたのではなく、恐らく中に入れなかったんでしょうね。そこでネットの不在がやはり痛かった。中村憲剛にガンガンにチェックされていた川崎戦でも、ネットは何本か主にジョーへ危険な縦パスを打ち込んでいました。相手の守備が良くても止められないコース&止められない速度のパスを前線に打ち込んでしまうネットがいれば、きっともっとチャンスを作れていたはずです。

大きな敗因は選手層の薄さ

こんな記事を書かれたりもしていましたね。外国人選手依存と言われると正直なところちょっとイラッとするのですが………。

また勝てなくなった名古屋。風間サッカーの現状は外国人選手依存

グランパスの選手を攻撃力順に選べと言われたら、だいたいのファンはジョー、シャビエル、前田、エドゥアルド・ネット、玉田圭司あたりを真っ先に選ぶでしょうし、逆に守備力順に選べと言われれば確実にミッチェル・ランゲラックが選ばれるでしょう。外国人選手(ジョー、シャビエル、ネット、ランゲラック)はグランパスの主力中の主力で、『代えの利かない選手(中心選手)』です。どんなチームであっても中心選手が出場しているか、していないかは試合に大きく影響します。そんな中心選手が試合に出続けてくれれば良いのですが、怪我や出場停止でどうしても欠場は発生するもの。中心選手の欠場時に代わりに出る選手および選手を組み込んだチーム全体のパフォーマンスはシーズンを通して勝点を得るために重要です。残念ながら今のグランパスは中心選手が一人二人欠場するとチーム全体のパフォーマンスがガクッと落ちてしまう。それが今の実力なんだと言うことを噛み締めて、サブの選手には頑張ってほしいし、ファンも応援するしかないのでしょう。

柏戦の展望は

幸いなことにシャビエルが東京戦で復帰しました。ネットの出場停止も東京戦で消化しましたから、柏戦では久々にジョー、シャビエル、ネットの3枚が揃います。主力の一人でもある宮原の欠場は痛いものの、こと攻撃力についてはほぼ100%のグランパスが久々に見られそうです。外国人依存と言われればそのとおりなのかもしれませんが、とにかく勝てば、残留できれば良いのだと割り切るべき時期がやってきたと思います。勝利を願って、金曜日は心からの応援を送りましょう。

ads

About The Author

ラグ
愛知産まれ名古屋在住の、趣味グランパス応援その他、本業はサラリーマンです。人からは感情的な呟きと文章のロマンチストと言われます。クロスバイク(TREK 7.4FX)でうろうろする自転車乗り。お酒大好き。痩せたい。
Follow :

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment On Facebook