グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

『できなかったゲームコントロールと、米本の復帰と、今後への期待』明治安田生命J1リーグ 第26節 清水エスパルス vs 名古屋グランパス レビュー

グラぽ読者の皆さんこんにちは。今日もこのレビューページを開いていただいてありがとうございます。この試合、年に一度のアウェー観戦の僕(ラグ)は現地で応援していました。

IAIスタジアムは良かったですね。流石の専用競技場。

凄まじい近さによる臨場感。あれは行く価値あるスタジアムでしたよ。座席の狭さだけは何とかして欲しかったけど(^-^;

試合結果は負け。相変わらず勝てないグランパスについてやんわり振り返ってみましょう。

守備の意思は統一されていたのか

失点シーンを順番に確認しましょう。

1失点目

直前状況はこんな感じでした。

試合後のコメント等から察するに、対応した宮原としては右サイドのシャビエルが戻ってチェックするか2CMFのどっちかにチェックして欲しいスペースだったようです。結果論としては宮原がもうちょっと詰めてればなあ………という感じでしたが………。シュート自体は年に一発決められるかどうかみたいなスーパーなやつだったんで、正直仕方なかったかなと。なんか対グランパスでいきなりすごいシュート決める選手J2時代から多くないですか、とボヤキたくなります(攻撃側をこっちの守備で制限できていない結果なのかもしれませんね死)。

2失点目

カウンターからボールを運ばれて相手のエウシーニョがボールを持つ。人数は足りてるはずなのにボールホルダー(エウシーニョ)へプレスが何故かかからず………。

コーチング(≒コミュニケーション)の問題だったのか、対応するネット・シミッチのスタミナか何かの問題だったのか不明ですが、人はいるはずなのにプレスがかからず実質フリーのエウシーニョ。シュート自体はコース変わった不運なものでしたけど、どう考えてもシュート打たれたことそのものが問題だったでしょう。そこまで相手にボール持たせないで!(´・_・`)

3失点目

プレー選択のリスクとリターンについての評価がどこか狂っていたように見えました。選手達が焦っていたんでしょうか。

状況的には、セットプレー後でCB含む味方の長身選手が相手陣地内に残っていました。となれば、プレーのセオリーとしてはもう一度放り込むか、サイドでフリーの選手がいればそこへボールを届けてそこからクロスか、ロングシュート打っちゃうか、どれかです。繋ごうとしてロストしてカウンターを受ければ、守備本職の選手が後にいないからヤバいことになってしまう。よっぽどの意図・自信が無ければ、繋ぐ・崩すのはリスクに見合っているとは思えませんが………。

米本の復帰

1-3となったところでヤッヒーはネットに代えて米本を投入。61分という交代タイミング的に、ひょっとしたら米本には30分までとの時間制限があったのかもしれませんね。プレーについて一言だけ言わせてください。

中盤でフィルターがかかるって、素晴らしいな。

アーリアの意地

途中出場したアーリアが意地を見せてくれましたよね。米本のシュートを上手くずらしたオシャレゴール(狙ってやっても10本やって成功するかどうかみたいなやつ)や、相手ボールを奪おうとするプレー、再開を急ごうとする姿。負けたくないんだ、勝ちたいんだとプレーで表現する姿には正直胸が熱くなりました。

復活した攻撃

試合終盤、清水が引いていたこともありましたが、グランパスの攻撃からは迫力を感じました。その主な要因は、シミッチ、米本、アーリアが揃ったことだったかなと。

シーズン序盤に猛威を振るっていた、シミッチを中心としたパスワークが復活しました。シミッチ、プレーし易そうでしたね。パスってのは出す側の質だけじゃなくて、受ける側の受け技術と位置(ザックリ纏めて言っちゃえばサポート)が大事だなと良くわかる内容でした。

まとめ

  • 失点の仕方がどうにも………。自分たちでボールを失えばこうなっちゃうチームですね。
  • 米本の復帰は攻守両面で今後のチームを大いに助けてくれそう。
  • ヨネ、アーリア、シミッチの3人+ジョーが揃ってると中央突破力は間違いなく上がるので、今後に期待。
  • ハンドリングの判定は………(´・_・`)

おまけ

個人的、年に一度のアウェー遠征だけあって、主に食の方面で大変満足しました。

さわやか

あれは………10年以上前のことだった。当時、学生だった僕は静岡大学で開催された某学会に参加するため、静岡県にやってきた。たまたま静岡に就職した大学の先輩が連れて行ってくれた『げんこつハンバーグの店』。当時はそれがさわやかだなんて認識もなかった。

ここ数年、Twitterでサッカー関係の知人が増えた結果、清水さん磐田さんとの対戦時、必ずと言って良いほどに『さわやかテロ』がタイムラインを賑わしていた。当初は、「へぇ~そんな有名な店があるんだ~確かに美味しそう~」としか思ってなかった。けど、ある日気付いたんだ。

「このさわやかって店、学会の時に先輩が連れて行ってくれたあのげんこつハンバーグの店じゃないか?」

そうだ、あれは確かにさわやかだった。僕はさわやか済みだった。そんなさわやかと、久しぶりに再会した。そうかあ、さわやか。お前そんな味だったなあ、さわやか。懐かしさを噛み締める前にげんこつハンバーグは高速で胃の中に入りました。

以下、写真だけ

出発前と帰宅直後の比較で体重が3.5㎏増えてたよ!やっちゃったね!(死)

よろしければシェアしてください
  •  
  • 11
  •  
  •  
  •  
  •  
    11
    Shares

ads

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE