グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

ビルドアップさえ安定すれば……… 2020年J1リーグ第28節湘南ベルマーレ戦ラグのレビュー #grampus #bellmare

強い勝ち方でした。

豊田スタジアムに初めて湘南ベルマーレを迎えた一戦は3-1でグランパスの勝利。

グランパスの全得点がスーパーなゴールで、現地に行かれたファミリーの皆さんは良いモノ見れて幸せではなかったでしょうか。僕もPCモニターの前で思わず城福さん並のガッツポーズをして我が子に泣かれました。

しかし、湘南も決して一方的にやられていたわけではなく、特に前半では拮抗した内容でした。勝敗を分けたポイントはどこだったでしょうか。

前半飲水タイムの修正

試合開始早々からハイプレスをしかけてくる湘南。特に3センターが稲米コンビを厳しく見張り、CB→CMFへのパスを通させない。米本が後ろ向き・相手を背負ってパスを受けた際に激しいプレッシングに晒されてボールを失った場面もあったように、湘南の第一の狙いは『グランパスのCMFを自分たちの内側に入れさせない』ことだったでしょう。

名古屋のセントラルMF自由にやらせないぞゾーン
名古屋のセントラルMF自由にやらせないぞゾーン

一方、CB→CMFへのパスが危ないとなると、今度はCB→SBへのパスを使うわけです。しかし、当然そこにもWBでプレッシャーをかけてきた湘南。これが恐らく第二の狙いで『外に逃げたところでボールを奪ってカウンター』だったのでしょう。

サイドにボールを出すしかなくなるが、そこに1:1に強い岡本拓也と畑大雅で奪いきろうとする
サイドにボールを出すしかなくなるが、そこに1:1に強い岡本拓也と畑大雅で奪いきろうとする

グランパスのビルドアップはこの湘南のハイプレスにしばらく苦しみました。先制し、追いつかれた後でもそれは変わらず。転機となったのは前半の飲水タイムでした。

飲水タイム後、シャビエルがビルドアップ時に降りてきて明確にビルドアップ参加するように。これによって稲米vs相手の3センターの数的不利を解消し、ハーフレーン(図で言うと上から2つめと4つめの、サイドバックとセンターバックの間のレーン)に人を置けたことでCB→SB→CMF(またはシャビエル)という中→外→中のパスコースを確保したグランパス。ジワジワと湘南のハイプレスを剥がしてボール保持する時間が増えましたね。

数的不利を解消

もう一点、シャビエルが降りてボールを持つことで、稲米コンビが安心して相手3センター~3バック間のスペースに顔を出せるようになりました。こうしたことで安定したビルドアップ=ボールを前進させることができるようになったグランパス、あとは前線のアタッカー陣が決定的な仕事をするのを待つ展開となりました。

なお、この修正がマッシモの指示なのか選手間での話し合い結果なのかはよくわかりませんが、マッシモはFWで出ている選手が不必要に降りるのを嫌っている感じあるので、なんとなく阿部主導の修正だったんじゃないかなー、と思ってます(根拠は無い)。

こうなると今のグランパスは強い

ビルドアップの経路が整備される=前線のアタッカー陣へ安定してボールを届けられる。こうなれば今のグランパスは強い。いつの間にかJリーグ屈指のサイドアタッカーとなったマテウスを筆頭に、阿部やシャビエルにボールを渡せば『何かを起こしてくれる』のです。

マテウス、阿部、シャビエル、前田等を一対一で完封できる選手が相手守備陣にいない限り、これらの選手にボールを届けてしまえば、あとは確率の問題としてそのうち何かが起きて点が入る(時々不運にも点が入らないこともあるでしょうが)。

この試合の3得点は『何かが起きる』の最高っぽい超良いゴールでしたけど、グランパス攻撃陣を好きにさせてしまうとこうなるんだぞと、これからの対戦相手達を震えさせる効果があったことでしょう。

この試合のグッドd(´∀`)

  • 明らかに劣勢な前半途中までをはね返して勝ち切ったところ
  • 全得点。全部マジでスーパーゴール

この試合の(゜-゜)ウーン………

  • この展開でもスタメンを交代させて休ませないマッシモ
  • ムー山﨑不在で露骨にセットプレーでの対高さ守備力不足を露呈した守備陣

最期に

やっぱ必要な勝点は自ら勝ち取らないといけませんよね。勝ち続けるしかない。頑張れ選手達。頑張ろう僕たち。次の土曜日も最高の週末でありますように。

よろしければシェアしてください

ads

About The Author

ラグ
愛知産まれ名古屋在住の、趣味グランパス応援その他、本業はサラリーマンです。人からは感情的な呟きと文章のロマンチストと言われます。クロスバイク(TREK 7.4FX)でうろうろする自転車乗り。お酒大好き。痩せたい。
Follow :

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE