グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

今年もこの時期になりました。全選手短評をくらえ!(1)GK・DF編

今年もラグさんの選手短評やります!まずはGKとDFから!

ゴールキーパー

ミッチェル・ランゲラック

今年も変わらず安定したハイ・パフォーマンスを披露。ミッチの働きは何ら変わっていないのにチーム全体の失点数が激減し、リーグ最少失点を記録したあたり、如何にヤッヒー政権下の守備セットがヤバかったかという証拠感が半端なく、思わず心が痛くなる。やめてくれ。

でもミッチ本人のストレスも失点数とともに激減しただろうし、その眩い笑顔が増えるなら多少眠くてもリスクを負わなくても僕たちファミリーとしては許容すべきなんでしょう。

どうでも良い話ですけど、僕の死んでる英語聞き取り力的に、「UP!UP!」の声が「アッアッ」にしか聞こえなくて、文字にすると単なる喘ぎgゴホッゴホッ………ミッチのストレスが激減したせいかサンティアゴ君の弟か妹がリリさんの胎内ですくすく育っているようなので、我々グランパスファミリー一同、心より無事な出産をお祈り申し上げます。

ところで一つ気になる点。ミッチはJリーグのGK平均と比べて確実に年俸が高い。今年の財政的にクラブがミッチを雇い続けられるのかけっこう危ない気がする。引退するまでグランパスにいて欲しいけど、マネーはあるのか……? アッアッ

Embed from Getty Images

渋谷飛翔

練習レポートで元気そうな姿を見ると心が暖かくなるけど、ミッチ、武田を脅かす気配がまったくないので、クラブのためにも本人のためにもそろそろお別れすべき時なような気がする! GKは3人体制だとケガ等あるとヤバいけど、4人いると誰か必ず余るのが悩ましいですね。

Embed from Getty Images

武田洋平

フィッカデンティ監督になって最も割を食った選手の一人。なんせ主力固定起用だし、ルヴァンは試合数減ったし、天皇杯には参加できずで、まさかの出場試合数無しで終わってしまった! そこそこターンオーバーしていたヤッヒー時代が懐かしくなりますねえ。

ここ3年くらい毎年同じことを書いているけど、2ndキーパーとしては破格の実力者なのでベンチにいると超頼もしい。しかしこんだけ出番が無いと、オファーがあったら当然出ていくだろうなあ。とは言え武田も地味に年俸がお高そうなので、手を出せるクラブがあるかはわからない。本人が給料下がってでも出場機会を求めるかどうか、果たして……?

Embed from Getty Images

三井大輝

試合出場無し。高卒1年目なので仕方ない。ただし、偉大な楢崎先輩等の事例を踏まえると、代表級まで昇り詰めるようなキーパーなら、高卒2年目あたりからなんだかんだ試合に出ているものなので、三井も隙あらばミッチと武田を喰って表舞台に立って欲しい。ファン感で披露した坊主頭にはノリの良さを感じたが、ポジション的には慎重さがもうちょっと必要なのではないだろうか……?

ディフェンダー

丸山祐市

2019年後半のやや低調なパフォーマンスから見事復調した僕たちのキャプテン。4-4-2守備セットが整備され、1列前に稲米ルンバが設置された結果、無理やりラインを上げたり絶望的なオープンスペースを全力スプリントでカバーしたりする必要が無くなった。いやあ、だいぶ楽に守れるようになったことでしょう。

問題は左足フィードの調子が去年後半のイマイチ感そのままだったこと。やっぱりどっか痛いんだろうし、実はもう治らない・付き合っていくしかない系の怪我なのかもしれないけど、復調したら大きな武器なので何とかして丸山ロケット発射だー! とか我々ファミリーに叫ばせて欲しい。いや叫びませんけどね。

J1で最も与ファールの少なかったセンターバック、J1全試合フル出場、リーグ最少失点ってかなりものすごい記録なのだが、ベストイレブンには選ばれなかった。優勝してないから仕方ないと思うしかないのか。プレッシング耐性があってちゃんと守れる貴重な左利きセンターバックなので、僕たちのベストディフェンダーはマルだと胸を張って言ってやりましょう。

Embed from Getty Images

中谷進之介

丸山と同じく守り方の変化の恩恵を受けた一人。コレクティブな守備セットの中で躍動していた。個人レベルでも守備能力が間違いなく年々向上しており、純粋に中谷より高くて強い選手に高さで殴られる以外に危ない場面を作られることはほぼない。丸山・中谷がリーグ戦全試合フル出場というCBとしてかなり頭おかしいパフォーマンスを披露してくれたおかげで、グランパスの守備はごく一部の試合を除いて破綻しなかった。

セレッソさんから中谷より高くて強い系の木本がやってきたけど、総合力では負けてないと思う。マルと同じくプレッシング耐性があってちゃんと守れる貴重な選手なので、『グランパスの4番』に相応しい闘将っぷりに期待。でも試合が膠着したりすると割と露骨にオーバーラップ回数が増えてマッシモ怒ってる疑惑。そういうとこまで含めて元4番のあの闘将様っぽいので、中谷もDFだけどハットトリックとかかまして欲しい。

あと、嫁が美人。

Embed from Getty Images

千葉和彦

守備力評価が藤井の方が高かったようで、そうなるとフィッカデンティ監督が使うわけないのだ。すまん、ありがとう千葉。グランパスにいたことは忘れません。新潟でもう一花咲かせることを心より祈っております。

Embed from Getty Images

宮原和也

怪我→新型コロナウイルス罹患と踏んだり蹴ったりな状況の内に右サイドバックのレギュラーを成瀬とジェソクに取られてしまった。コロナウイルスの後遺症なのかなんなのか、復帰後も異様にやつれた頬が心配になる(それでもイケメンだが)。

この出場状況だと本人も悔しいだろうし、他所からオファーとかありそうだけど、グランパスも取った経緯的にガッツリ違約金を設定してそうだ。どうなんでしょう、ひょっとしたらレンタルで出るかもくらい? でも、もちろんグランパスに残るんですよね? ね?

ここは一つ、一部女性ファンの有志を毎日寝室に送りこんで、耳元で「残留残留残留残留残留残留残留」と囁く戦術でイキましょう。もしくはマッシモの耳元に「和也使え和也使え和也使え和也使え和也使え」でも私は一向に構わん!

Embed from Getty Images

藤井陽也

何度も何度もマッシモ交代するする詐欺に晒された犠牲者。シーズン1試合出場は何とも寂しい。木本も来たことだし、単純に考えるとベンチ入りも厳しいと思われるので、計画的レンタルで実戦経験を積ませるのも良いんじゃないでしょうか。もしくはアレだよアレ、ほら、ターンオーバーでさ……。

Embed from Getty Images

吉田豊

今年も抜群の対地守備力でチームに大貢献。1年ずっとスキンヘッドで過ごしていたので、マッシモ仕様はスキンヘッドということらしい。ヤッヒー時代には髪があったのももう懐かしいですね。

グランパス左サイドの守備は「まず豊が相手との1対1に負けない」ことを大前提としているようにしか見えないので、ごく稀に豊がぶち抜かれると一気に大ピンチになりがちです。浦和戦でマルティノスに抜かれたアレとかね! 攻撃面でも、年に数回叩き込むスーパーミドルは健在で、負けはしたもののアウェー横浜FC戦のあのゴールは完璧だった。

全体的に特に貶す点がマジで無い。今年の豊はキャリアハイ級の出来だったと思う。強いて言えば、試合中、相馬に対してやたら厳しい声掛けをしていたのが気になったくらい。ぶっちゃけ相馬、豊(と丸山)に委縮していたんじゃないだろうか。もうちょっと飴もあげてやった方が相馬も気持ちよく走れそうなので、使い分けをよろしくお願いします。

プレースタイル的に、ぼちぼち怪我とか増えてきそうな歳でもあるので、クラブは計画的に豊の後継者を準備しておいて欲しいが、そんな計画性をグランパスに感じさせられたことはありません! 残念!

Embed from Getty Images

成瀬峻平

宮原不在の内に右サイドバックのレギュラー奪取。ただし後にマッシモが「成瀬は他に選択肢が無かったんで使ったんだけど使ったら伸びたね(意訳)」とコメントしていたくらい、当初はマッシモ的に嫌々というか渋々起用だったようだ。元々は一列前で狭いところを苦にしない系の選手だったので、プレッシング耐性あってボールをちゃんと繋げるサイドバックとして躍動。使われる内に守備も明らかに向上していた。選手って使えば伸びるとは限らないけど使わないと伸びないよねって痛感させられますねえ。

そんな成瀬、シーズン途中で加入したオ・ジェソクに右サイドバックのレギュラーを奪われてしまった。マッシモの「DFはまず守れる選手じゃなきゃ使わないぞ」という鉄の意思を感じさせる(成瀬が守れないわけではありませんが……)選手起用に思わずため息をついたファミリーも多かったことでしょう。最終的には右サイドハーフの守備固め要員という、なんだそりゃ感半端ない立ち位置に収まってしまった成瀬。吉田豊くらい対人守備力があればマッシモも大喜びで使うだろうから、まずは豊くらいのケツのデカさ(筋肉的な意味で)を目指して鍛えてもらいたい。頑張れユース卒の星。

Embed from Getty Images

吉田晃

高卒1年目。出場無し。菅原になんか顔が似てるなあ、くらいしか流石にコメントすることが無い! まだまだ見るからに細いのでプロ仕様の肉体を身に纏ってください。

オ・ジェソク

シーズン途中に完全移籍で獲得した元韓国代表。両サイドいける、運動量豊富、対人守備は地上空中問わず強い、時々良いクロスを上げることもあると、ガンバさん東京さんでレギュラーを張っていた実力を遺憾なく発揮した。

「普通そこに突っ込むのは人の防衛本能としてブレーキかかるだろ」みたいな状況でも当然のように突っ込んで危ないピンチを防ぐ魂守備力が、今期のグランパスの「最終的には根性で頑張る」守備に最高にマッチしていましたね。

成瀬の扱い的にどうなんやと思わずにはいられないジェソクの獲得劇だったものの、本人の実力と、あふれ出る良い人感の半端なさでファミリーのハートをガッチリ掴んだ。どうも母国のチームに移籍濃厚っぽいのだが、心から感謝申し上げます。ACLで再開できたりすることを楽しみにしております。

Embed from Getty Images

太田宏介

近年稀に見る良いコンディションだったらしいので、まともに運用できなかったのはチームとして痛かった。出た試合ではけっこう良いクロス蹴ってたんですよね実際。しかし対地守備力が、衰えたのか元々あんなもんなのか、流石にちょっとアレ過ぎて、途中からマッシモ構想外だったっぽい。1対1を挑まれるとほぼ必ず抜かれたりクロス上げられたりするのはサイドバックとしてもきつ過ぎましたねー。

間違いなく良い部分があるけど大変アレな部分もあるという選手は、アレな部分があんまり目立たない環境下において活躍できるので、移籍も止む無しという感じだったでしょうか。

ぶっちゃけ太田獲得にかかった費用と年俸分の働きをしていたとは思えないので、それは太田本人のせいではなく、獲得しちゃった人のせいですよ、ねえ、Oh!Moriさん?

Embed from Getty Images

よろしければシェアしてください

ads

About The Author

ラグ
愛知産まれ名古屋在住の、趣味グランパス応援その他、本業はサラリーマンです。人からは感情的な呟きと文章のロマンチストと言われます。クロスバイク(TREK 7.4FX)でうろうろする自転車乗り。お酒大好き。痩せたい。
Follow :

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE