グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

メニュー

これだけ引いて守れることを卑下するもんじゃない #grampus #reysol #やわらかめコラム

忍者「どうも忍者です」

記者「どうも記者です」

忍「J1リーグでは久々の勝利でござった」

記「早い時間にサクッと得点できたかと思ったら、前半途中からはヒヤヒヤさせられましたね」

忍「順番に見ていこう。まず前半、レオ・シルバと仙頭が前を向いたらこんくらいはやれるのでござる」

記「相手の守り方、こちらの『相手の守り方を阻害する』やり方、そんなかみ合わせでした」

忍「やっぱりレオ・シルバはすごい。前さえ向ければこれくらいやれるのでござる」

記「相手を二人くらい剥がして自力で前進するなんて場面もありました」

忍「仙頭も決定的なパスを通していたし」

記「前線で決定的な仕事をするのはカストロですが、そのお膳立てはやっぱり仙頭とレオだと分かった前半でしたね」

忍「先制点のカウンター……ファストブレイクも見事でござった」

記「決まる時って本当にアッサリ決まりますよね」

忍「これなら前半の内に追加点も取ろう!という感じだったのだが」

記「なかなか上手くいきませんでした」

忍「前半に追加点を取り損ねたと思ったら、後半は一転して攻められっぱなしでござった」

記「森下と相馬の裏を露骨に狙われてましたね」

忍「そうしてグランパスは押し下げられたのだが……これが試合のアヤでござろ、押し下げられたことによって『マッシモ・グランパスモードが発動』した」

記「ものすごい引き籠りっぷりでした」

忍「しかも堅かったでござるし」

記「ネルシーニョ・柏のハイプレスに晒されたのに危なげなかったですね」

忍「この戦い方を、長谷川健太監督や選手達がどの程度やろうとしていたのかはわからぬが、やろうと思えばこれくらいやれる、という守備でござった」

記「前監督の遺産ですねえ」

忍「守り一辺倒だとキツイ……勝てないが、勝つために引いて守って耐えきれるのはクラブの美点として受け継いでいくべきなのかもしれぬ」

この試合の良かったところ

  • 勝利
  • イキイキしていた中盤
  • 危なげなかった守備陣
  • なんだか冷静すぎるくらい冷静に見えた選手たち

この試合の(´ε`;)ウーン…

  • 追加点を取れなかった
  • 個人レベルだと藤井はちょっと反省

最後に

記「しんどい試合でしたが勝ちました」

忍「この守備だけだとダメだが、やろうと思えばこれだけ守れるのは良いことでござる」

記「時にはこうやって引いて守ることも必要ですもんね」

忍「試合展開によって戦い方を使い分けられれば最強ゆえに」

記「おあとがよろしいようで」

忍「それではまた次の記事でお会いいたそうニンニン」

よろしければシェアしてください

ads

About The Author

ラグ
愛知産まれ名古屋在住の、趣味グランパス応援その他、本業はサラリーマンです。人からは感情的な呟きと文章のロマンチストと言われます。クロスバイク(TREK 7.4FX)でうろうろする自転車乗り。お酒大好き。痩せたい。
Follow :

Leave A Reply

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE