グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

2016年の新布陣予想 2016年2月5日バージョン

いよいよ明日、名古屋グランパスの2016年シーズンの緒戦となる湘南ベルマーレとのトレーニングマッチが行われます。

これまでのニュースを総合すると、布陣は以下のようになるでしょうか。

2016年グランパス基本布陣予想
2016年グランパス基本布陣予想

現在の課題(1)ディフェンダーのチョイス

2月4日の沖縄キャンプ2日目の練習で、最初に試されたDFのならびは、

高橋諒 オーマン 竹内 古林

だったようです。しかしこのゲームではDF陣からのパス配球がうまくいかずに0-0だったようです。古林将太選手のパス&ゴーはとても良かったという声もありましたが、去年の闘莉王選手がいたときに比べて、最終ラインからの組み立てがうまくいかなかったようです。メンバーが竹内選手以外全員入れ替わっているということもあるでしょう。また、高橋諒選手も良い選手ですが、かつての阿部翔平選手のようにビルドアップのできる左サイドバックというわけにはいかなかったと思われます。なぜ1本目に高橋諒選手が入ったかといえば、予想ですがフィットネスの数値が良かったのではないでしょうか。安田理大選手は実績も実力も兼ね備えた選手ですが、どうもいまの時点ではオーバーウェイトに見えています。2本目は高橋諒選手に代えて、安田理大選手を入れて改善が見られたということなので、そうなると基本布陣は上図のようになるのではないでしょうか。矢野貴章選手の名前があまり上がりませんが、彼も実績のあるベテランですから、このまま終わらないと思っています。

ただ布陣を確認していてやはりセンターバックが3名というのは不安です。そこがどうなっていくのか、場合によっては今フリーの選手(伊野波選手、鈴木大輔選手)らの獲得もあり得るのではないでしょうか・・・・。

現在の課題(2)2列目の並び

2月4日の紅白戦では1本目の2列目は、

永井謙佑 和泉竜司 小川佳純

だったようです。最終ラインからのパス配球がうまくいっていなかったこともあって、今ひとつの出来だったようです。

2本目は、

永井謙佑 矢田旭 和泉竜司

の並びに代えて、多少機能をしたようなので、トップ下は矢田旭でいくのではないでしょうか。

いったんはこれで行くとして、2列目は多士済々です。もう少しすれば怪我で別メニューの小屋松知哉選手、野田隆之介選手が加わり、若い杉森考起選手、森勇人選手も調子を上げているとのことです。独特のパスセンスを持ち、チャンスを演出できる小屋松知哉選手、ボールを収めて、さらにフィニッシュにも絡める野田隆之介選手が加われば、大激戦区になることは間違いありません。上記に挙がっている4名とて、安心はできない状況ですね。

まずは明日の布陣は上記のようになってくるのでは、と想像しています。右MFだけ、和泉竜司の可能性もあるかもしれませんね。

ads

About The Author

グラぽ編集長
大手コンピューターメーカーの人事部で人財育成に携わり、スピンアウト後は動態解析などの測定技術系やWebサイト構築などを主として担当する。またかつての縁で通信会社やWebメディアなどで講師として登壇することもあり。
名古屋グランパスとはJリーグ開幕前のナビスコカップからの縁。サッカーは地元市民リーグ、フットサルは地元チームで25年ほどプレーをしている。

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)