グラぽ

名古屋グランパスについて語り合うページ

サッカー観戦初心者に今のグランパスはどう映ったのか?グランパスキッズワンダーランド振り返り。

2016年にグランパスが降格してから数年、ついに昨年豊田スタジアムを満員御礼にし完全に生まれ変わったのではないでしょうか?

その成果の要因としては地道な営業努力、スタジアムに足を運びたい、スタジアムにまた来たいと思わせる環境づくりが功を奏したのが大きな要因として上げられているのは皆様もご存知でしょう。

とはいうものの私みたいなゴール裏シーチケ民は、ホームは来て当たり前!クラブのためなら地の果てまで行く人種には、本当にスタジアムが来たい場所になっているのか?中々実感がわかないと思います。

ということで今回、今のグランパスが外から見るとどう映るのか?真相を調査すべく、今回は完全なサッカー観戦初心者、初めてスタジアム観戦にくる私の同僚の家族をエスコート・・・するフリをして勝手に調査員に任命して、コンクリートのジャングルこと豊田スタジアムに向かわせたのであった・・・(悪い奴だ)

※今日のスタジアムは冒険だからしょうがないね(笑)

まずAさん一家は無事にスタジアムまで着けるか?

Aさんへの伝言”12:30に豊田大橋を渡った先の案内看板の前で待つ・・・”

PM12:30、先行してトヨタスタジアムに潜入した先行入場後の着席タイムと席取りの攻防に勝利し待ち合わせ場所に定刻通りに到着した私、実はここで一抹の不安がよぎる・・・

果たしてAさん一家は無事に豊スタにつけるのだろうか?

実は今回、待ち合わせ場所の豊田大橋の渡ったところの案内看板の前としか言っておらずどうやって豊スタまで行けばいいのか何一つ教えていなかったのだ!!

実はこれにはフカイ訳があって・・・。ちゃんと初めてグランパスを見に来てくれる方が自分でスタジアムに来れるのか調査なのである。クルマで来て渋滞に巻き込まれるか?豊田大橋と久澄橋を間違えてしまうか?矢作川の風で吹き飛ばされるか?ワニに食われるか!?

流石に後者2つはありえんないですが、最悪1時間遅れは覚悟の上、それ以上遅れたら迎えに行くつもりで待ちました、まぁ・・・やっぱり悪い奴ですねorz

しかし待つこと10分・・・

「ごめん、シンゴビッチ君!人の流れが多すぎて歩くのが遅くて・・・」

無事に着けたようです。正直もっと待たされることを覚悟していたのですが豊田スタジアムは豊田市から駅から一本道なのと人の流れが多かったので迷わずこれたとの事。これは豊田スタジアムも含めた街づくりには感謝したいですね。

さて、今回全くスタジアム観戦初心者、サッカーといえばワールドカップ本戦の日本戦ぐらいしか見ないという本当のサッカー観戦初心者のAさん一家。GW中に家族で楽しめるイベントが欲しい!!という事で今回のグランパスキッズワンダーランドへと誘った家族はこんな感じになります。

  • Aさん:私の会社の同僚、ちょっと天然
  • Aさん旦那:Aさんの3つ年上、某大手企業勤務
  • Aさんの長男:小学校3年生、ちょっと落ち着きが無い
  • Aさんの次男、三男:保育園、双子

いかにも平和で幸せそうな家族です。そんな人達がシンゴビッチみたいな応援狂みたいな奴がいなければ、Jリーグスタジアムの世界、しかもゴール裏なんて絶対来ないでしょうね。そんな人たちを名古屋ゴール裏、赤いハリケーンの中に連れて来たらどうなってしまうのか!?

今考えたらトンデモなくヤバい企画ですが、今回のキッズワンダーランドのテーマ”挑戦が君を大きくする”という言葉どおり、この挑戦がグランパスを大きくすること信じて、今日はシンゴビッチが全力で頑張ります!!

今回、シンゴビッチのターゲット・・・。失礼、豊田スタジアムに来ていただいた”スタジアム初心者”Aさん一家。グランパスのホームスタジアムへようこそ!?
今回、シンゴビッチのターゲット・・・。失礼、豊田スタジアムに来ていただいた”スタジアム初心者”Aさん一家。グランパスのホームスタジアムへようこそ!?
※本日の仕掛け人・・・もとい案内人、どう見ても怪しいです(笑)
※本日の仕掛け人・・・もとい案内人、どう見ても怪しいです(笑)

今日人多すぎぃ!!

さて、まずスタジアムについたAさん一家。お腹がすいているとの事でまず正面のスタジアムグルメ広場に連れて行きました。

奥さん「わぁー、すごい屋台の数、どれもおいしそうー!」

私からすると豊田スタジアムのグルメは、かなりよくなっているとはいうものの、他のスタジアムに比べて若干見劣りする(特にウチのお隣さんの牛串とカレーが名物のクラブ!!)と感じているのですが、確かに初めての人が見たらお祭りみたいな感じで豊富そうに見えるかも。いいぞ見直したぞ豊田のスタジアムグルメ。

奥さん「ねぇー。シンゴビッチ君のおすすめある?」

うっ!これは困ったぞ、今の名古屋グランパスのスタジアムグルメには先述の牛串とホテルカレーのような一見さんに”豊田スタジアム来たらとりあえずこれ食っとけ!”って言うのがないことの気づく。(何かあったら教えてくださいorz )(編注:知多牛バーガーだって美味しいよ!いつも楽しみにしてるよ!)

それよりも今日は再度いいますが10連休&1万人招待をしているので、スタジアムグルメに並んでいるのもすごい人の数!!ここで待ってたら下手したら殆どアトラクションができなさそう・・・

仕方がないので、ここは旦那さんと長男を並ばせて、私は奥さんと双子をアトラクションに案内するのであった。旦那さんすまぬ・・・。恐るべし4万人。

あまりのスタグルの行列に絶望し駄々をこねる長男。この行列に並ぶのは案内人も嫌だわwww
あまりのスタグルの行列に絶望し駄々をこねる長男。この行列に並ぶのは案内人も嫌だわwww

子供はやっぱりフワフワが好き!!

さて、今回のキッズワンダーランドは子供向けのイベントがいっぱいあるし、やっぱり保育園レベルの小さな子供はお菓子ハンティングが一番喜びそうだな…。

が、しかし!?

  • 三男「ママ、あれやりたーい」
  • 奥さん「あぁーフワフワだぁー。あれいいね!やろうやろう!」

はい、シンゴビッチの作戦は開始1分でもろくも崩れ去りましたww。いや、あれいつもあるんですが・・・。まぁでも初めて来た人には関係ありませんね!今までは全く私気にしておりませんでしたが、こういうモノを置く意味、私初めて知りました!!

いつもあるフワフワもスタジアムの重要なアイテムなんですね!
いつもあるフワフワもスタジアムの重要なアイテムなんですね!

いつもあるフワフワもスタジアムの重要なアイテムなんですね!

しかし、ここでも並ぶ・・・。そして旦那さんと一緒にスタグルを並んでいたはずの長男坊が退屈に耐えられずにこっちに来てしまった。やっぱり人多すぎるぞ今日orz!!

本当に子供はフワフワが好き
本当に子供はフワフワが好き

本当に子供はフワフワが好きですね。Jクラブ関係者の皆様、覚えておきましょう。

グランパスくんサイコロコロゲーム
グランパスくんサイコロコロゲーム
長男くんが挑戦!
長男坊が挑戦!

ちなみに長男坊はサイコロゲームに挑戦、奥さんとフワフワを二手に分かれて並んだの正解だった。ディ●ニーなみだぞ今日は!?

マスコットは偉大!異論は認めぬ!!

フワフワとサイコロゲームが終わってようやく旦那さんがスタグル調達。すまぬ旦那様、一人置き去りにしてと心の中で謝罪しつつ、ここで一つ気になった点が。

”そういえばスタグルって何処で食べられるんだろ?”

まぁ私はいつもレジャーシートなりファンクラブゴールド会員の椅子があるので問題ないのだが、初めて来る人は困るだろうな・・・。今回はAさん家族にレジャーシート持参をお願いしたので事なきをえたが、始めたの人は辛いだろうなと思った。

(そこ、初めての人はスタグル買ったらスタジアムはいるとか言う突っ込みは無しだぞ)

牛タン丼
牛タン丼

※ちなみに今回のスタグル選択は牛タン丼。旦那様から”案内してくれるのでご馳走します”と言われる。何か少し心苦しいorz

そして食事を終えたら時計は14:00、キックオフ1時間を指す。ここでいつもなら戦闘態勢を取るために再入場してミッチを出迎えるのですが、今日は流石に無理。でもこの混み具合で何か面白そうなものは・・・

!?

しるこサンド売りの少女キターーー!!

奥さん「きゃー!なにあれー!!」

奥さん、記事にしやすい反応ありがとうございます(^^;)。初めて見る、まさかの赤い鯱に子供達も興味津々。しかし、流石マスコット王の娘、大人気でなかなか近づけない。特に初めてスタジアムに来た人は勝手が解らず近づけない感じ。ここでマスコットクラスタにお願いですが、もしマスコットを見かけてあたふたしている人を見かけたら、親切に接してあげてください。

ということで、ここは案内人が一肌脱ぐ。素早く人数分のしるこさんどを確保し、グララに記念撮影を促す。案内人シンゴビッチ、マスコットにここまで真剣に向き合ったのは初めてである。

グララと3ショット!
グララと3ショット!

おそらく生まれて初めて見るであろう”陸を歩く赤いシャチ”との出会いは子供たちの思い出になったに違いない・・・

でえだらぼっちとの遭遇!
でえだらぼっちとの遭遇!

ちなみにでえたらぼっちとも遭遇。「気持ち悪い」と嫌がる三男を記事の写真のために無理やり引っ張る長男(笑)。でえたらぼっちよ、君の頑張りはいつか報われるはず・・・(知らんけど)

さぁ、いよいよスタジアムへ!!

さて、いよいよ時間が迫ってきたのでいよいよAさん家族をスタジアムへ!そのまえにグッズを購入させたかったがあまりにも人が多かったのであきらめてここは動物をみせる(個人にこれいい企画だったと思う)。

キックオフも近いので動物は外から見てもらうことに
キックオフも近いので動物は外から見てもらうことに

キックオフも近いので動物は外から見てもらうことに、今回の調査でスタジアムイベントを満喫するためには、開門時刻では全く足りないことが判明した。

グッズショップ並びスギィ!!
グッズショップ並びスギィ!!

そしていよいよスタジアム入場!すでにフィールドプレーヤーの入場も始まり、選手たちはウォームアップを開始、それに合わせてゴール裏ではチャントとコールがこだまする。グランパスファミリーは今日も気合十分のような。遅れて入ってきた私もスイッチを入れるためにここで、試合前にいつも飲んでいるサプリメントを飲む。

だがここで、凄いことが起こった!あまりのグランパスファミリーの応援の迫力に感動したAさん一家。

はじめてのスタジアムでも感動するゴール裏
はじめてのスタジアムでも感動するゴール裏

今日も迫力ある応援!

奥さん「凄い迫力!ねぇねぇシンゴビッチ君、せっかく来たから服買ってあの雰囲気に混ざりたい!!

決して”ユニフォームを買わないとゴール裏に混ざれない”とかそんな事を言って仕掛け人が騙したわけではありませんorz。グランパスファミリーの魂の応援がグランパスの”グ”の字も知らない家族連れを動かしたのだ!すごいぞグランパスファミリー!

子供たちのクラブユニフォーム×2プラス、キッズ限定のグランパスくんTシャツを購入!
子供たちのクラブユニフォーム×2プラス、キッズ限定のグランパスくんTシャツを購入!

子供たちのクラブユニフォーム×2プラス、キッズ限定のグランパスくんTシャツを購入!すごい出費だ、すごいぞグランパスファミリー!

クラブユニフォームとグランパスくんTシャツでお揃い!
クラブユニフォームとグランパスくんTシャツでお揃い!

着替え終わって戦闘態勢完了!さぁ、勝つぞ!!

試合開始!!

試合は、前半は名古屋が終始ボールを握る展開もリーグ最少失点を誇る広島の固いディフェンスを打ち破れず攻めあぐねる。

長男坊、この展開に退屈して途中からwii Uを始める・・・。

だがこの状況を打ち破る男が!

前田直輝!!

このゴールの後から試合はヒートアップ。後半広島が攻勢に出て名古屋ゴールを脅かす。これを必死に守りながらも逆襲も試みる名古屋。ゴール裏もテンションが上がる。地響きのような応援が鳴り響くゴール裏これに連られて前半は退屈そうにしていた長男坊もグランパスを必死に応援!!

長男坊も、バイキングGLAPに挑戦!
長男坊も、バイキングGLAPに挑戦!
次第に熱がこもってくる・・・!
次第に熱がこもってくる・・・!

カモン!カモン!切り開け~俺たちの道を~♪
カモン!カモン!突き進め~それこそが名古屋~♪

そして・・・

勝利!
勝利!

勝ったーーー!!

いやぁ、凄い試合だった。平成最後を飾るには文句なしの試合だったのではないだろうか・・・。

で、結局Aさん一家はグランパスを楽しめてもらえたのか?

我々サポーターからしたら、上位直接対決を手に汗を握る攻防で制したのだ。文句はない。ただ一般の人からしたら、前半の1点のみで逃げ切った。いわゆる塩試合だ。風間サッカーらしい暴力的な攻撃を見せられたとは言い難い。上位直接対決など知ったことではないはず。正直不安はあった。

  • 長男「面白かった」
  • 次男「楽しかった」
  • 奥さん「本当に面白かったし、すごかった。これファンになっちゃうよ~!!」

すごく喜んでもらえた。多分嘘偽りない意見に違いない。

これは試合内容だけでは無いはずだからだ。試合前から何かと子供たちと楽しませようと色々考えてくれたスタッフさん。圧倒的なホームの雰囲気を作り出してくれたグランパスファミリー。そして絶対に勝つんだと強い気持ちで試合に臨んでそして勝ち点3をもぎ取った選手、監督。グランパスに携わる人全ての成果ではないだろうか?

グランパスが最悪の降格からチームを作り直して3年。みんなが一体で作ってきた新しいはサッカーのサの字も知らない一家に極上のエンターテイメントを提供できたのだ。これは勝ち点3を得たことよりも価値があることだと思う。

そして、そこに少ないながらも寄与できた自分はうれしく思う。

実は自分にとって、新しいチーム作りに関与するというのは2回目である。自分の野球の贔屓は北海道日本ハムファイターズだが、このチームが2004年に北海道に移転してから地域に根付くまでの過程を経験している。

しかし当時は自分はまだ大学生だったし、地元でも無かったので先輩ファンの活躍を見てついていくの必死だった。

だが今回は違う。社会人になって資金的余裕もある。グラぽさんやTwitterといった情報発信ツールも頂けている。

自分としては、前回の日本ハムで見てきたチーム作りの経験を少しでもグランパスに伝えられたらいいなと思う。そしていずれは、今までで見たことが無いクラブになっていくこと。そこに少しでもお手伝い出来たらいいなと思う。

平成が終わり、令和という新時代を迎える。グランパスは新時代にどういう姿を見せるのか?その中、1ゴール裏サポーターとして自分がどこまで貢献できるのか?楽しみにしつつ、令和最初の試合、アウェイ湘南戦に臨みたいと思います。

みなさま、令和でもよろしくお願いします!

令和!
令和!

ads

About The Author

シンゴビッチ
理想のサポーター像を追い求めて、独身なのに35年ローンで上前津にマンション(※)を買ってしまった応援廃人。グランパス以外にFC岐阜と北海道日本ハムファイターズを応援。多様な場所から応援を見つめ応援道を追求してます。あとすごいオタク

※瑞穂も豊スタも電車一本、名古屋駅も高速ICも近くアウェイ遠征にも万全。オフィシャルストアも出た!!ええ、会社からはやっちまった奴扱いですよ(笑)
Follow :

コメントを残す(ログインしなくてもコメントできます)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment On Facebook